ほーくえーすプロフィール



ほーくえーすのプロフィールです。

ほーくえーすって誰?

1988年生まれ。石川県金沢市出身。
新卒4年目で退職してフリーランスとして金沢を拠点に活動中。

お仕事は

  • Webサイト制作・運用・集客
  • スマホアプリ制作
  • Webライター
  • マーケティング支援
  • ブログ運営

など。

パソコンを触るのが何よりも好き。この時代に生まれてなかったら廃人。

 

性格に難ありで友達ゼロを経験

普通の家庭で生まれ、普通に育ちました。しかし、謎の性格の悪さで友達がものすごく少なかったです。

小学校の時には、自分が1番じゃないと異常に嫉妬心がむき出しになって友達がゼロになりました。そこで「オレの人生、明らかにおかしい。いや、オレがおかしいんや!」と気づき、毎日泣きながら改心しました。

この経験で得た教訓は今でも生きています。

 

やりたくないことや納得できないことはやらない性格

幼稚園の頃から、やりたくないことや納得できないことはどうしてもやりませんでした。

  • 幼稚園:園に着いてすぐ体操服に着替えるのがイヤ(のちに「お着替えしないたかちゃん」とお母さん方に呼ばれる)
  • 小学生:窓係か掲示係しかイヤ(保健係になって仕事しなさすぎて女子に嫌われる。好きだったのに
  • 中学生:部活の準備とか先輩の手伝いがいや(先輩に泣かされる

高校生あたりで「この世には常識というものがあるのか」と気づき、ここでようやく人間になりました。今振り返るとただの極度のめんどくさがり屋であり、めんどくさがられ屋ではないか疑惑です。

 

今の「思考」を作った小学生時代

小学校は毎日学校から帰ってきてから父親が帰ってくるまでの間のテレビゲームと、夕食から寝るまで攻略本で明日進めるステージの復習。

あれほど毎日よくのめり込んだと思うほどワクワクしながら生きていました。

色々考えて実行してみるという思考は間違いなくあの時のゲームで培ったものです。ありがとうドラクエ。

 

パソコンにのめり込んだ中学生時代

中学1年までゲームしか頭になかったのですが、中学生になってネットが無制限で使えるようになってから、パソコンに異常にハマりました。

最初はゲームの攻略サイトを見ていたんですが、攻略サイトの掲示板でのやり取りがものすごく面白くて、「こんな詳しい人が日本にこんなにいるなんて!」と感動。毎日空いた時間はずっとパソコンをしたり自作したり。

この頃の趣味が今仕事になっていると考えると感慨深い。

合わせて読みたい

祝!ネット歴20周年記念。ぼくのインターネット自分史を独占大公開

 

とにかく自分の好きなように生きたい!と思った社会人

就職本を攻略した結果、リーマンショックで企業が採用を絞っていたにも関わらず即内定を獲得した大学時代。「本読んだら無敵じゃね?」と考えていろんな本を読みあさります。

ある日、偶然手に取った堀江貴文さんの本にものすごく衝撃を受けたのです。

「就職より起業でしょ」と、これまで就職して生きていく人生が普通で、起業は才能がある人がやることだと思っていたぼくはショックのあまり寝込みました(卒論提出前)。

結果的にはそのまま就職します。

プログラミングの能力を身に付けられるし、「会社」を経験してみたかったからって言ってますが、正直何も知らないのが怖かったからです。

就職して早々、かなり自由な社風ではあるものの、10歳上の社員は自分と同じ仕事をして、給料もあまり変わらない現実を目の当たりに。

「自分の10年先が見える・・・1度きりの人生これでいいのか?」と毎日のように自問自答していました。

さらに、本を読みあさっていくうちに「自分で全て責任を持って生きてみたい。」という思いが日に日に強くなります。「アウトプットが大事だ」と書かれたネット記事に感化され、本を読んだアウトプットのためにブログも始めたのも入社1年目です。

続けるうちにネットでやり取りする人も多くなり、東京や名古屋などのオフ会やセミナーにも積極的に参加するようになりました。

そこでも自分の生きている世界とは違うライフスタイルを送っている人ばかり。とても楽しそうに、幸せそうにしているのです。同じ人間なのに、ものすごく輝いて見えたのです。

自分で考え、自分で行動し、結果を出す。そんな生き方がとてもカッコよく見えました。

そんな日々が続いて入社4年目。会社に泊まり込んで対応していた休憩のときに大きな決断をします。ぼくが生まれる前から放送していた番組の最終回が放送されていました。

その番組が「笑っていいとも! グランドフィナーレ」。ダウンタウンととんねるずの夢の共演に興奮するとともに、ある想いが込み上げてきました。

「ずっと続くと思っているものでもいつかは終わる。これは人生も同じだ。自分のやりたいように生きよう。」

そう決断した瞬間でした。

 

独立してフリーランスに。盛岡移住に失敗し金沢に帰還

2015年1月に独立し、Webサイト制作やブログなど、自分のやってみたいことにチャレンジして、自分の力を試す挑戦の日々が始まりました。

「もっと稼ぎたい。ローンなしで車を買いたい!うまいもの食べたい!」

と思いながら仕事して、結構順調ではあったものの、何か満たされません。

自分の頭では解決できないと考えたぼくは「これは人にアドバイスをもらうのがいい!」と考え、あるコンサルタントの方にアドバイスをもらうことにしました。

しかし、大きな結果も残せずに金沢に帰ってきました。

数年分はあると思っていた生活費も底をつき、逆に大きな借金を抱えてしまいます。完全に自分の管理能力や意思の甘さが原因です。

金沢に帰ってきてからの1ヶ月は猛烈に仕事を行って借金を完済し、お金や生き方に対する考え方を改めることになりました。

お金や大切な人の信用など、失うものが多くて今でも思い出すと胸が痛みますが、大切なことを見つめ直す機会にもなりました。

それが現在のブログのテーマにもなっている

  • 自分自身を知ること(マインドセット)
  • お金の考え方
  • 人間関係

です。

自分に自信を持つことも、幸せに生きることも、全て自分の本心が軸になります。

自分の本当の価値観に合わないまま行動しても、うまくいきません。ある人が「稼げる」と言っても、価値観が違えば全然うまくいきません。

ある人が「稼げるはずない」と言っても、情熱があればうまくいきます。それこそがぼくやあなたがやるべきことです。

 

経験をブログで発信する

ぼくはずっと「人の目を気にしている人生」ですし、今でもやはり人からどう見られるか不安な気持ちはあります。

会社を辞めたのも「フリーランスで活躍してるすごい人」に見られたい気持ちがかなり大きかったです。

成功者が語る「結婚はしない」「マイホームは買うと損だ」などの発言を見て、それが自分の本心だと思っていました。しかし、成功者の価値観を自分がやりたいことだと思い込んでいただけだったんです。

他人の価値観で行動していても、「なんか違うなぁ」と満たされないままになってしまいます。自分の心の声を聞き、自分が心から情熱を注げること(=才能)を知り、それを活かすことが人生を充実させる唯一の方法なんです。

自分の才能を活かすことだけをやる。

物理的にほとんど失った中でもぼくが学んだことはたくさんありました。中でも人は「お金」「心身の健康」「人間関係」のバランスが何よりも大切だということ。

いくら稼いでも家族や周りの友人を裏切って幸せになれませんし、いくらやりたいことがあっても稼げなければおとぎ話になります。稼いで友達が多くても病気だったら意味がありません。

このブログでは、ぼくが学び実践したことを発信して、生き方に悩んでいる人の背中を押したい。

そのためにブログを発信します。

 

趣味・好きなことなど

  • カラオケ
  • ギター
  • ネット
  • 読書
  • miwa(友達になりたい)
  • 10年後くらいの妄想

 

性格

文章だとマジメっぽくなるけど、直接話すとだいたい冗談しか言わない冗談みたいな顔の人だと言われます。どんな顔。

HIPHOPが昔好きだったことから、人の話を聞いてるふりをして韻をふむのがクセです。

 

SNSはこちら

 

follow us in feedly
Instagram

お問い合わせはこちらから

SPONSORED LINK