クラウドファンディングを開始しました!海外の価値観をインストールするバトンを繋ぐ旅に出ます

カナデルのクラウドファンディング

サクセスしました!感謝の記事を書きました

2017年2月20日の22時。クラウドファンディングを開始しました!

世界一の経済力を持つアメリカやメキシコを訪ね、今の日本人との考え方の違いを肌で感じてきます。

このプロジェクトを通して、海外に出たい人に次のバトンを渡し、いろんな価値観に触れられる場所を作りたいと思っています。今日はその理由について書きますね!

SPONSORED LINK

アメリカ人と日本人では仕事選びの基準から違う?

「なんでぼくは海外に行くの?」「なぜアメリカなの?エロマンガ島でもよくない?」

というみなさんが頭に浮かべるであろう疑問に関してはクラウドファンディングで回答しました。

ぼくたちの世代は、インターネットで世界中どこにでも自由にアクセスできるようになったのに、心にはどこか閉塞感を感じ、その空気の中で育った世代です。

先日、海外在住の日本人の方と話す機会があり、「今の日本の閉塞感やイケてなさは、法を信じすぎているからだ」と話を伺いました。

日本人は自分にブレーキをかけてしまう人が多いということです。

その根本は、自分のやりたいことに正直になれなかったり、向き合っていなかったりといった理由があるのでしょう。

ぼくたち自身も、独立して可もなく不可もない生活を送る中で「本当にやりたいことはなんなのか?」と悩んでベッドから起きられなくなった時期があります。

そのときに「世界のトップを走っている国の人たちはどんな思想を持っているのか見てみたい」とぼくたちは強烈に思いました。

今は未知ですが、きっと根本的に自分への向き合い方が違うと思っています。

ぼくたちは金沢を出て、それを知りたいんです。

人生を変える突破口!フードコミュニケーションで日本と海外を繋ぎます!より

ここでいう世界のトップとは、「経済」のトップを意味しています。

比較としてはザックリではありますが、日経平均株価は約19000円、アメリカのダウ平均株価は20000ドルを超えています。つまり100倍以上株価の差があるわけです。

しかも、日本は生産性でいうと先進国で最下位。これってヤバイな、と思いませんか?

その理由をぼくは「楽しく仕事してない人が結構多いから」だと考えてます。

日本人は自分の軸や強みから職を探してるんじゃなくて、大企業とか安定している職を選択基準にしている人が多いです。楽しいかどうか全く関係なく選んでます。

 

が、しかし、いくら稼げそうな話でも楽しくないと全然手が動きません。それが生産性の低さにつながります。

ぼくも仕事が楽しくなさすぎて、1時間で終わる仕事なのに、やる気が起きなくて2日くらいかかったことがあるんです。この経験以降、「たのしーなー、やりたいなー」と思うことだけをやろうと決めました。

一方で経済を成長させているアメリカは、

  • 個人で何を成したいか
  • CEOや企業の理念に共感できるか
  • 仕事内容は自分の軸や強みに合致しているか

なんてことをしっかり考えて職業選択しているんじゃないかと思ってます。

その真相を知るためには1位の国じゃなきゃダメなんです。エロマンガ島(何位なの)じゃダメなんです!

 

SPONSORED LINK

思考のクセ・習慣を変えるなら主体的に環境を変えるしかない

今回の旅から得た知識は120%シェアさせていただくつもりですが、アメリカ人の思考を知るだけでは何にも変わりません。主体的な行動が伴わなければ意味ないです。

世界一周で人生が変わらなかったとか、海外に行っても何も変わらなかったというのは、思考のクセが変わってないからだとぼくは思ってます。

合わせて読みたい

 

行動できる人間になるには、思考のクセを変えるのが一番良い方法だと思います。セミナーとか勉強会に行って「勉強になったなぁー!」と思っていても、次の日には同じ生活を繰り返してしまうのは、思考のクセが変わってないからです。

思考のクセをサクッと変えるなら、自分がなりたい人の近くに常にいられる環境がいいでしょう。「成功したいなら成功者の近くにいろ」ってやつですね。

それも、なりたい自分になれる場所を主体的に選ぶことが大切だと思います。「環境を変えたら人生変わるんじゃね?」という受け身では変われないでしょう。世界一周しても。

 

だからこそ、オンラインサロンなどで海外の人たちと常に交流でき、話ができる居場所を1つ作りたいんです。そうすることで、1人でも多くの人が思考のクセを変え、楽しい生き方をして欲しいと思っています。(ぼく含め)

 

データでは語れないから現地に行く

ここで話したことっていっぱい間違いや思い込みもあるだろうし、データ見れば現地に行かなくても十分なところもあるでしょう。が、ぼくは経験しないと腹落ちしない性格なので行ってきます。とくに痛い経験。

学びをシェアするにしても、コタツの上で「アメリカはデータ的にこうなんだぜ!」「海外に行っても何も変わらないよ」と発信するよりか、経験者の言葉の方が言葉に重みが出そうですし。

現地に行って学びを吸収して噛み砕くのは、ぼくの1番の強みである「内省」が生かされると思うので、オムツのように高い吸収率と、飲みすぎた日のようにオエっと絞り出しまくるアウトプットを目指します。

ということで、後悔しない・後悔させないクラウドファンディングを本気でやっているので、ぜひご支援お願いします!

合わせて読みたい

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事

カナデルのクラウドファンディング