足臭対策で靴下を履かずに40km歩いた結果、靴下を履く意味が判明

靴擦れが痛いし、意味分かんないくらい足が臭くてさっきまで気絶してました。

「靴下なんて足が臭くなるだけでなんの意味もない!裸足が最強だよ。」なんてことを言ってたぼくですが、ごめんなさい。靴下は素晴らしいです。

同じ失敗をする人が出ないようにぼくが靴下を履かない生活を続けて学んだことをまとめます。

※靴下履かないチャレンジの意気込みについては別記事「靴下を履く意味を答えられる人、いる?」をごらんください。

靴下は「靴擦れ」という最も辛い痛みを予防してくれる

靴擦れってのは、履くと自分の足と合ってない靴だとスレて痛くなるやつですね。

この痛みの見積もりが甘すぎました。めっちゃ痛いです。

靴下は足と靴がスレたときのダメージを軽くしてくれる効果があるので、そこまでひどくはならなかったのですが、素足で靴を履くと直接ダメージを受けるので靴擦れが重症化しやすくなります。

東京に来て2日目で結構ツライ痛みが足のいたるところで発生したので、応急処置として薬局でテープを買って貼りました。

テープで足を保護

そしたらたいぶ楽になったものの、やっぱり痛いです。靴下は履くべきでしたね。

SPONSORED LINK

靴下を履かなくても足はとびっきり臭くなる

驚くことに東京に来て1日目の終わりに靴の匂いを嗅いでみたら、信じられないくらい臭かったです。1日目にして仮説崩壊。

足は臭くなるわ、靴下を履かないせいで靴擦れはひどくなるわと、もはやドM以外の何者でもない人間になってしまったことを受け入れるしかありませんでした。

そんなわけで無印良品に走り靴下を買ってきましたが、これがかなーりいい感じ。

無印良品の靴下を買った

靴擦れの痛みは感じるものの、確実に改善はしました。

靴下を履くことでさらに臭さレベルが増す

これで現在一番ツライ靴擦れの回避はできたものの、靴下を履くと臭さレベルが上がります。

靴下を履くとムレてもっと臭くなると判断したぼくは、通気性のために靴を脱げるところでは脱ぐようにしてたんですが、向かいにいる知り合いが「なんかこの店の空調くさすぎない?」と言うのを聞いてそっと靴を履きました。

その臭い、ぼくの足です。

ディズニーシーは靴下で行きました。

ディズニーシーは裸足でいってやるぜ!」と調子に乗ってたぼくですが、「靴擦れ」の威力には太刀打ちできず靴下で行くことに。

今これ書いてるのは帰ってきたホテルなんですが、相当臭いを放っています。

ただし、靴擦れは全然辛くなかったです。臭いは洗えば一時的でも消えますが、靴擦れは数日続くので靴下を履くことをオススメします。

上の画像みたいにスニーカー履いたらほとんど見えない靴下もありますし。

足の臭さを軽減する方法をいろいろ試したほうがいい

1日10km以上を4日間歩き続けて出した結論は「靴下は靴擦れ対策として履いたほうがいい」です。

足の臭さは強力ですが、「それを軽減させる方法をいろいろ考えて試す」ほうがダメージが少ないって判断になりました。

誰か、臭いを激減する方法を知ってたら教えて下さい。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事