Macに接続したHDDがFinderに表示されないときの対処法

ハードディスクの容量が1TBのiMacから、MacBook Proに乗り換えた。

動作速度とかRetinaディスプレイの美しさなど、完全にiMac(2011)を超えている。ストレージの容量を除いて。

僕のMacBook Proは、ストレージが512GBでiMacの半分。それを補うためにHDDは外付けのものを購入した。

これも薄くて早くて素敵デバイスなんだけど、Macに接続したらFinderで認識しないという現象が起こってしまった。

結構解決するのに手間取ったので、解決方法をここに残しておこうと思う。

SPONSORED LINK

間違えて「取り外し」をせずにUSBを抜いてしまった

FinderでHDDが認識しなくなったのは、ディスクの取り外しをMac上で行わずに、そのままUSBを引っこ抜いてしまってから。

いつもFinderのサイドバーからアクセスできるのに、出てこなくなってしまった。

外付けHDDが認識されてない

大切な写真、自炊した電子書籍、音楽ファイルなど、僕が生きてきた証のHDDが壊れてしまったと思った。でも、HDD本体はしっかりと動いてそうな挙動。

「もしかしたら復活できるかもしれない…」という希望が僕をなんとか正気に保たせていた。

この希望は後に現実となる。

ディスクユーティリティから「マウント」と「ディスクを修復」を試す

USBの抜き差し、Macの再起動など一通り試したあと、ひらめいたのが「ディスクユーティリティ」。

SPONSORED LINK
[アプリケーション] > [ユーティリティ]のなかにある、Macのプリインストールアプリだ。

ディスクユーティリティを起動したところ、なんとHDDが認識している!

HDPC UT

マウントされてないのが悪いのかと思い、マウントをクリック。

するとエラー。

「やっぱりダメか…」と思い、「ディスクを修復」でなんとか修復を試みるも、5分ほどたってからエラーが表示されてしまった。

絶望の中、再度マウントを試してみると、なんと認識している。

HDPC UT

ファイルの中身もいくつか開いてみたけど問題ない。今のところマウントし直してから特に不具合もなく、USBに接続しただけで認識もされるようになった。

あと少しでフォーマットを試すところだった…ホント良かった…。

結局、なんでエラーが出たのかはわからないのでちょっぴり不安ではあるけど。

ディスクの取り外しはしっかりやりましょう

もともとの原因はディスクの取り外しをMacから行わずにそのままケーブルを引っこ抜いてしまったのが原因だ。

その一手間で何倍もの手間がかかってしまう結果となった。

こうならないためにも、ディスクの取り外しを必ず行ってからUSBケーブルを取り外そう

それか、はじめからストレージの大きいMacを買おう!

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です