収入に直結!筋トレで得られる秘密の効果とは【2018年版】

SPONSORED LINK
筋トレの秘密と詳しい使い方を動画をYouTubeでも公開中!チャンネル登録お願いします!

「モチベーションが上がらない」

「やる気が出ない」

「気づいたらSNS見てた」

それ、体の問題かもしれません。

 

2017年は、打ち出したサービスが好評で
とっても忙しく1年を過ごしました。

そんな環境で毎日仕事をしていると
健康の重要性をヒシヒシと感じます。

目の前のお金を追いかけるだけなら、
数日の徹夜をすれば何とかなるんです。

 

ただ、相手にクオリティの高い価値を
提供し続ける、食い続けられる環境を
作るとなると話は別。

優先順位のトップが「健康」じゃないと
稼ぎ続けるのは難しいと感じました。

体が弱ってくると、

  • 風邪にかかりやすくなる
  • やる気が出なくなる
  • 全然仕事が進まなくなる

などの副作用が出てくるからです。

 

ちょうどそう感じてたタイミングで
多くの「稼ぐ」経営者を担当している
スポーツジムのトレーナーが筋トレの
重要性を語ってるのを聞きました。

その方によると、
筋トレ1つで稼ぎが大きく変わるそうです。

継続的に稼ぐには筋トレが欠かせない

筋トレをすると、

  • 精神的なストレス発散
  • スタミナが付いて、こなせる仕事量が増える

といった効果もあるようですが、
筋トレの本当の効果は、

分泌されるホルモン

これがポイントになるそうです。

 

筋トレをやっている人は、

テストステロン

という男性ホルモンが多く出ています。

 

大昔には狩りの能力に大事なホルモンですが、
現代は稼ぐ能力に大きく影響するのです

その証拠に、証券会社で成績の良い
トレーダーはテストステロンの分泌量が
多いとのデータもあります。

 

ちなみに、生まれつきテストステロンの
分泌量が多い人もいるそう。

薬指と人差し指の長さを比べると
薬指の長い人はテストステロンの
影響を強く受けています。

成績優秀なトレーダーは薬指が長いのだそうです。

 

ただ、そうでない人でも
テストステロンのレベルは上げられます。

その方法が筋トレ、というわけです。

この話を聞いてから、
定期的に筋トレを開始しました。

ムキムキにはなってませんが、
2017年の売上は2016年の3倍以上になりました。

鍛えた肉体のおかげかは不明ですが、
集中力は強化されたように感じます。

 

そして今回、家に懸垂バーを導入しました!

SPONSORED LINK

なぜ懸垂バーなのか

鍛える習慣を付けるためには家で簡単に
トレーニングできるのが重要!

ということで、ジムは利用せずに自重だけで
行っていますが、ある部分だけは器具が無いと
鍛えづらいと感じるようになりました。

それが背筋です。

 

大きい筋肉を鍛えるのがいいと言うことで、

  • スクワットで脚
  • 腹筋でお腹
  • 腕立て伏せで胸

をメインにやってるんですが、
背筋だけはどうしても自重では
鍛えづらいと感じたからです。

猫背を改善した方が集中力が上がる

と言うのも導入の理由になります。

 

メンタリストDaiGoさんの書籍にある、
「高い集中力を生み出す7つのエンジン」
の中の1つとして、正しい姿勢は集中力を
高めると書かれています。

本書に書かれてる猫背になったら
振動で教えてくれるデバイス
「Rumo Lift」を付けて仕事すると、
明らかに集中できるんです。

体感的に、背筋ピンとしてたら普段の3倍は
集中力が高くなっていると感じます。

 

ただ、ぼくは猫背すぎて筋肉の付き方が
おかしいのか、次の日になると背中が
筋肉痛になっちゃうのです。

多くの人は、背骨の両サイドにモリッとした
筋肉があるので、背骨が出ていません。

しかし、ぼくは信じられないくらい骨が出ているのです…

 

これは、猫背すぎて筋肉が退化している
ということではないかと思いました。

背筋でテストステロンを出しつつ姿勢改善で稼ぐ肉体に!

と言うことで購入したのがこちら!

WASAI BS502

この器具ならグリップを変えれば胸筋や腕の筋肉も
鍛えられますし、腹筋のトレーニングも可能です。

懸垂を初めて2ヶ月(公園でやってた)なのですが、
体の軸がしっかりしてきた感覚を感じています。

まだ無意識では猫背になってしまいますが、
意識的にピンとできる時間も増えてきています。
(約90分。以前は20分でも痛くてリタイア)

 

習慣化して続けていくことで、

テストステロンの増加=稼ぐ肉体に近づく
猫背の改善=集中力の強化

という、
最強の状態が手に入れられるのではないか?
と、期待しています。

 

実際に懸垂バーを使ってみる

懸垂バー(ぶら下がり健康器)とは言うものの、
このマシンは色んな使用方法があります。

懸垂したり..

 

腕と胸筋を鍛えたり..

 

「うぐゔっ!」と声を出しながら
腹筋を鍛えるトレーニングが可能です。

土台をプッシュアップバーにして
腕立て伏せを行うことも可能なようです。

上半身はほぼ鍛えられる設計に
なっています。

「何のために鍛えるのか?」が分かってから継続できるようになった

今まで、筋トレを初めても1ヶ月くらいで
続かなかったのですが、今回は3ヶ月目に
突入しています。

これだけ継続できている理由として、

  • 見た目は二の次。目的は仕事に繋げる肉体づくり
  • 仕事に活きてくると活躍している人が実際に言っている
  • 実際に効果を感じつつある

というのが大きいです。

 

今までは、
ミスチルの桜井さんみたいになりたい!
→1ヶ月、結構ハードにやったけど見た目が変わらない
→そもそも何でこんなキツイことしなきゃいけないんだ!
→終了

 

という流れだったのですが、
「本気でどうにかしたい!」
と考えるようになって変わりました。

 

なんかモチベーションが上がらない..
やる気が出なくて仕事が進まない..
なんか違うなぁ..

と悩んでいる方は、そもそも
体がなまっていて稼ぐ意欲が
落ちている可能性があるので、
ぜひ筋トレを始めてみることをオススメします。

今回の進化アイテム

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です