iPhone 6s Plusは片手持ちできる?ポケットに入る?に結論。片手持ちできるし、ポケットに入れても違和感ない!

片手余裕の写真

安心してください。(片手で)持ててますよ!

1泊2日で東京旅行に行ってきました。電車乗るわ移動するわ、駅で立ち止まってGoogle Map見まくるわと大活躍だったiPhone 6s Plus。

そのときにめちゃくちゃ試したかったのが片手持ち。片手で操作できるかなんですが、結論から言うと全く問題ありませんでした。落下率0%で無事に帰ってこれたのです。

バンカーリングで安心度120%

バンカーリングがなくても片手持ちできるんですが、バンカーリングがさらに安心感を高めてくれました。

普段はバンカーリングのリングは折りたたんで使うスタイルです。リングとケースの間に段差があるので、リングをわざわざ使わなくても段差だけで安定感が増します。

段差だけで安定感が増す

別に意識して掴んでるわけじゃなく、自然と持ちやすい持ち方でそうなるので、頭を使うことはありません。

それでいて安定感が増す。素晴らしいです。

ぼくはバンカーリングを買ったんじゃない、安心を買ったんですよキリッ

SPONSORED LINK

指挟みもちがそれなりに使える

それでもたまーにリングを活用する場面に遭遇しました。混んでた電車の中です。3回くらい?

と言っても、「落ちそう」だからリングを使うんじゃなくて「念のため」に使うイメージですね。

電車が揺れてiPhoneに人がぶつかった時の防止策です。

使うときも特殊で、リングに指を入れるんじゃなく、指で挟んで持つ技がなかなか使いやすかったですね。

バンカーリングを指で挟み込みの術

というか、バンカーリングの輪の幅が思ったより大きいので、指を入れてもそんなにホールド感を感じません。

バンカーリングのイメージ的には、ヤマダ電機とかケーズデンキに置いてあるiPhone。

あれって後ろに盗難防止の機械ついてるじゃないですか?アレあると意外と安定感が増すんですよね。

バンカーリングはイメージ的にその機械をちっちゃくしたやつです。使えるやつだわー。本体と色は合ってないけど。

持ち方とか意外と考えないよ

ぼくがiPhone 6s Plusを使っていく中で、とっても悩ましかったのが「持ち方を考えないと片手持ちできないかもしれない」問題。

Googleで「iPhone6 Plus 片手」で検索すると「こうやって持つといいよ!」みたいな記事ばっかり出てくるんですね。

今までのiPhoneで持ち方考えてたことあります?ぼくはないんですよ。なので、なんというか違うなぁって印象がありました。

一番使うガジェットなのに、毎回持ち方を考えるような生活なんて嫌じゃ〜と思ってたのですよ。

しかし、実際に持ってみると全然問題なかったのです。直感というか自然と持てるのです。

「バンカーリングのリングをいちいち立てて使わない」ってのも大きなポイントで、ただの持ちやすくなるアクセサリーとして活躍してくれます。

リングを立てないので、ポケットからの取り出しも収納も楽チン。

今持ってるズボンのポケットに入れても何の問題もない

最後に「ズボンのポケットに入らないんじゃないか疑惑」。

これも全く気になりませんでした。ただし、ズボンの種類によるので個人差は当然あるでしょう。

ぼくの場合、スキニーみたいなオシャレパンツは持ってないので、タイトなジーンズにねじ込むシーンにはなりませんでした。私のボディ、戦わなくて済んだんです。

驚いたのがiPhoneの頭が出ることすらなかったこと。邪魔だなーって印象も全くなく、これ完全に俺のためのデバイスじゃねーかと感じました。

買ってよかった、iPhone 6s Plus。

「片手で持てたら考える」って人は結構いると思うので、参考になればと思います。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事