自動車保険を1万円以上安くするためのオススメ3ステップ

前年は自動車保険をネット通販型に変えて年間12万円安くしました。

合わせて読みたい

年間12万円ダウン!自動車保険を見直して安くするオススメの方法

最近、自動車保険の更新を行いました。これまでの損失を取り返すべく、がっつり勉強したんですよ。マジで。保険に関する本を読んだレベルです。

結果、最高の補償にしつつ、さらに年間1万円安くすることに成功しましたのでぼくの行ったオススメの方法を記します。

「自分に合った保険」って何よ?

そもそも「自分に合った保険って何?」ってところから。

自分に合った保険とは、

今の環境に合った補償内容で安い保険

のことです。

営業が家に来て契約内容を決める「代理店型」もいいんですが、自分に合った保険を見つけるなら、断然ネットで契約できる「通販型」がオススメです。

なぜなら自分で勉強するから。

自分で補償内容を決める時点で「この項目はなんだろう?」ってのを見ながらやるので、知識が付きます。

事故に遭って保険金がもらえると思ったら補償外でしたー!なんてシャレになりませんからね。

「自分に合った保険」の定義がわかったところで、チェック項目をつくってみました。

  • 親に言われるままに保険料を払っている
  • 担当者がオススメしてくる保険にそのまま加入している
  • 保険の内容が多少正確じゃなくても支払ってくれる

1項目でも当てはまってる人は自分に合った自動車保険に加入できてないでしょう。

2年前のぼくは全部当てはまってますね!ショック!

SPONSORED LINK

保険会社を決めるまでのオススメ3ステップ

ということで、自分に合った補償を提供している安い保険会社を見つけましょう!

今回の保険更新でぼくが行った方法です。

1.一括見積りで保険会社を絞り込む

まずはどこの保険会社が安いのかを絞り込みます。とても便利なのが、ネットで行う一括見積もりです。

  • 無料でできる
  • 車検証・契約中の保険証券・免許証があればできる
  • かかる時間は5〜10分
  • 見積り結果がメールで届く
  • 約20社の保険会社が対象
  • ネットでそのまま契約できる
  • 入力条件が統一されているので純粋に安い保険がわかる

などのメリットがあります。

20社を超えている保険会社から1社を選び出すのは時間がかかります。というわけで、まずは一括見積もりで保険会社を絞り込みます。

実際にメールで金額が送られてくるのは、選択した補償条件に合った3〜6社です。

見積りができるサイトはいくつかありますが「保険スクエアbang!」がオススメ。

スマホでもサクッとできて、満期日の120日前から見積りできる作りになってます。

あと、無駄なメールマガジンが来ないってのも素敵なポイント。

満期日から離れすぎてると、1〜2社しか金額がわからない場合もあるのが短所です。

しかし、一度見積もりしておけば、30秒ほどで再見積もりができます。

ぼくは満期日の1〜2ヶ月前くらいに見積もりしています。

45日前までに契約すれば500円割引が受けられる「早割制度」を行っている保険会社もあるので、それまでに契約更新手続きを行っておくのがお得です。

2.契約内容・約款・免責事項を読む

安くて補償バッチリな保険会社を絞り込んだら、保険会社の契約内容をチェック。

一括見積もり対象の保険会社なら、ネットから約款(やっかん)をダウンロードできるので読みましょう。約款とは、補償内容を書いた書面です。

特に重要なのは「どういうときに保険料が支払われないか」を書いた免責事項です。

例えば、「飲酒運転で事故を起こしても保険は出さないよー。」なんてことが書いてあります。

どの保険会社も免責はほとんど変わりませんが、納得出来ない場合は他の会社を探しましょう。

多少保険料が上がっても、自分が納得できる(=合っている)保険を探すのがコツ。

3.契約する

約款を読んだらいよいよ契約です。

保険会社のサイトで最終的な補償内容を確認しながら契約を行います。この段階で細かい特約も選べます。

「お、この特約いいじゃん」と思ったら付けるのもありですね。特約に応じて金額も上がるので注意。

最後に支払い情報を入力して契約完了!

正確に満期日を入力していれば、満期日になると自動的に保険が切り替わります。

安心を買ってるのに安心できない保険はやめましょう

自動車保険に関する本を数冊読んだんですが、なにも考えずに保険に加入してるってのは相当危険です。

「保険」という安心を買ってるのに全然安心できないです(笑)

そういう人は保険料もだいたい高い印象。

この方法を使うだけで、自動車保険の基本的な知識は付くので「ホントに事故っても保険金もらえるの?」という心配はなくなりました。

自動車保険に限らず、携帯電話の料金など、自分に合ったものにするだけで、文字通り「お得」になることはたくさんあります。

余ったお金は人生を楽しむことに使えるので、ぜひ一度料金の見直しをオススメします。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事