1ヶ月でブログ100記事更新達成!変わったことや感じたことまとめ

4月にブログをたくさん書いているイメージ画像

4月の金沢はとてもいい天気なのでブログをたくさん書こうと思いますって言って静かに始まったぼくの挑戦。

なんとこの記事で2015年4月では100記事目。ほーくブログとしては173記事目です。

途中で何度無理だと思ったかって感じだけど、なんとかラッキーイベントがあってやってこれたし、人生で初めて決めた目標を成し遂げたので、変わったことや感じたことを書き留めておこうと思います。

「書きたい記事を温存しておかないとネタ切れする」は間違い

ネタ切れが一番ビビったけど、ほぼ困らなかった。

どちらかというと、1記事書くのに時間がかかるから、時間をいかに確保するかが大事だった。

例えば、書評だとしたら本をメインにするんじゃなくて、「本に書いてあることで新しい発見や知識があったら記事を書く」ってやり方にしたら1冊で数記事書けちゃう。

これは天才的発明。

あとは、ランチとかご飯に行ったら、ほぼ例外なく美味しくて紹介したくなるという奇跡に恵まれたこともあるし、Apple Watchが発売日に届いたおかげでたくさん記事数を増やせたってのもある。LINEスタンプがウマイこと承認されたこともラッキーだった。

ネタを無理やり作るために事実をねじ曲げて記事にしたってことは一切ないし、自分にウソをつかないで100記事書けたってのはなかなか素晴らしいことじゃないでしょうか。

SPONSORED LINK

質を落とさずにやってこれた

量が絶対に正義ってこともないし、100記事書けたってのはぼくが自信を付ける以外のナニモノでもない。だからこそ、自分が出せる限りの質は保たなきゃいけない。すごい大変なときもあったけど、質を落とさずにやってこれた。

まぁこれは読者が判断するものでもあるので、結果的にはどうかわからんけど。

質=SEOにいい=2000文字って最初の方は思ってて、途中から「読んでる人の役にたてば文字数気にしすぎなくてもいいかも」ってことに気づいて以来は、簡潔に書ける記事は簡潔に書くようにしました。

自分なりの書き方が確立されてきた

ブログというものを書き始めて、通算で500記事くらいになるけど、やっと「自分が納得できる文章の書き方」が分かってきた。

まだまだ未熟な部分はあるけど、「これを伝えたいのに伝えられないー!」ってもがくことも少なくなったし、気づいたらポエム書いてることもなくなった。

これは僕にとって予期せぬ成長であって、とってもうれしい。

僕が作りたいアプリレベルのプログラムを組むよりも、文章を相手に刺さる的確な言葉で書くほうが難しいから、途中からライティングの奥深さに取り憑かれた。

書くことで人が動くってのはスゴイことだから、自由自在に人を操れるようになるまで、これからも書くことを辞めません。

批判っぽいのを受けるようになった

驚いたのが、SNSで大きくバズることがなかったのに、ぽつぽつと批判を受けたこと。

成長の証ととっていいのか、単にバカだなーと思われたのかは知らないけど、そういうことがあった。

批判された瞬間はイラッとくるけど、批判した人は僕という人間を深く知ってるわけじゃないし、どういう意図でブログを書いてるかも知らないだろうから、目に付かないようにして、気にしないようにしました。

人気ブロガーはこういうのをたくさん受けてるんだと思うと、すごいハートを持ってるなー。と感動せずにはいられません。

アクセス数は3倍くらいになりました

100記事更新するとアクセス数はどうなるのかに関しては、3倍くらいになりました。もちろんネタによるので、誰が書いても同じ結果になるかは別。

3倍といっても、今までが少ないから大したことないけど、とりあえず万は超えました。

ちきりんさんの書評が本人にリツイートされるという小さなバズはありつつも、大きなバズはなかったし、アクセスの増え方的には徐々に伸びてるって感じなので、このまま持続してくれればなーと思います。

Google Analytics ほーくブログ

さいごに

最後はさぼってたツケで1日8記事更新とか鬼辛かったんだけど、明日からは1日1記事PM10時更新を目指します。

ネタ探しの目は鍛えられたので、それをもっと魅力的に伝えられる人になりたいです。

ブログをみてくれたみなさん、ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします!

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事