日本経済を感じられる場所。東京証券取引所を無料見学してきた

スルガ銀行が見えるところ

東京に来ると決まったとき、とにかく訪問したかったのが「東京証券取引所」

日本株式の売買システムが動いてるところですね。なんとここ、一般人が予約なしでふらっと行っても無料で見学できるのです!

ということで行ってきましたよー。

銀行とか証券会社がたくさん見えてくる

散歩がてら、東京駅から東京証券取引所へ向かったんですが、近づくにつれて銀行とか証券会社がたくさん増えてて、胸が高鳴ります。

Citibank
為替とか日経平均株価がどーんと表示されてました

フィリップ証券
クラシックな雰囲気に歴史を感じます

東京証券取引所の近くには銀行発祥の地があります。今はみずほ銀行になってて歴史を感じます。

銀行発祥の地

そこからちょっと歩くと、外壁が石で出来てる雰囲気ある建物が登場します。それが今日見学する東京証券取引所です。

全景がデカすぎていい写真が撮れなくて残念。

東京証券取引所 地下への入口
SPONSORED LINK

入場許可証をもらっていざ中へ

見学者は南玄関から入場します。とうとう来ちゃったよ…

東京証券取引所 南玄関口

最初、どこから入っていいのか分からなくて正面玄関から入ろうとしたのですが、半袖短パンだったからか、自動ドアを開ける前に警備員さんがすごい顔して出てきて恐怖を覚えたので慎重に南玄関口を探しましょう。

玄関でリュックの中身をチェックされ、金属探知機を通り受付へ行くと、氏名と職業を書く用紙を渡されます。

記入が終わったら許可証をようやくゲット!

見学は株式投資の歴史がいっぱい書いてある資料室と実際に職員が働いてるところ(電光掲示板に株価がくるくるまわってるところ)が見られます。

午後2時半頃に入場して、取引終了まで30分しかなかったので、まずは現場を見に行くことに。

このながーい階段を見上げると、胸の高鳴りを感じます。

東京証券取引所 階段

2階に上がると、1000万円の元手で株式投資が体験できる場所があって、そこで中学生が投資体験をしてました。羨ましい。

見学通路の壁には、東京証券取引所の歴史や株式投資に関することがたくさん書いてあって、熟読するとそれなりに時間が過ごせます。

それより観たかったのは電光掲示板。2階に上がると即登場して感動。ちなみに電光掲示板は「ティッカー」(またはチッカー)といいます。

動画まで撮っちゃった。


取引終了の午後3時を過ぎてもクルクルまわってました

この場所は「マーケット・センター」と呼ばれてます。

ぼくが株を始めた時に人気だった銘柄もたくさん流れてて、芸能人を生で見たときみたいな気持ちになりました。

ティッカーの後ろには日経225銘柄と各指標が表示されている電光掲示板が。めまぐるしく株価が変動します。

これを撮影した場所は「オープン・プラットフォーム」といって、イベントやセレモニーを行う場所になってます。

東証職員が英語で外国人に見学案内してたりして、首都感たっぷりな場面も。東京証券取引所は世界の取引所で唯一見学ができるそうなので、偉い人とかいっぱいくるんだろうなぁ。

昔はここに人がごった返してたんだろうけど、今はほとんど人がいないです。自動化すごい。

マーケットセンター 下

いやー、これ見れてホントに嬉しかったです!

証券史料ホールもなかなか見応えがあった

1階に戻って資料館(証券史料ホール)へ行くと、日本の株式投資の成り立ちから今までの説明があったり、たぶんすごい価値がある資料がガラスの奥に展示してあります。

今は株を買っても「株券」なるものを手にすることはないんですが、ネット証券が存在しなかった頃は株券の実物が存在してたわけです。

これが東急百貨店の株券。

東京証券取引所 東急百貨店 株券

めっちゃデカイのが山一證券の株券。

東京証券取引所 山一證券 株券

デザインも素敵な感じで、この株券がイケてる!って理由で買われた株もあったんだろうなぁ。

今みたいに高速な取引ができなかったので、株価の動きも緩やかだったんでしょうねー。株がネットで取引される前はどんな感じだったのかは是川銀蔵さんの本を読むとめちゃくちゃわかります。

参考:最後の相場師と言われた男、是川銀蔵の自伝『相場師一代』

東京証券取引所まとめ

今回はあんまり見学時間がなくて早足だったのが残念…

うんちくとかいっぱい書いてあったのによく見られなかったので、また機会があったら行きたいです。

しかし、ティッカーが見れたのがスーパー嬉しかったなぁ。

スポット情報

見学施設「東証Arrows」は、以下の見学時間内にいつでもご自由に見学することができます (無料)。

※案内を必要とされる場合は、 「案内付き見学ツアー」をご覧ください。

なお、10名様以上の団体で自由見学される場合は、電話予約をお願いいたします。

[見学時間] 9:00~16:30(土・日・祝祭日・年末年始を除く)
最終入館時間16:00ですが、都合により最終入館時間を早める場合や入場制限を行う場合がございます。

[売買立会時間] 9:00~11:30、12:30~15:00

引用:東証Arrows 見学 | 日本取引所グループ

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事