ほーくのプロフィールはこちら

未経験からフリーランスエンジニアになるなら侍エンジニア塾がオススメ

  • 時間に縛られず、自由に働きたい
  • PCとネットがあれば仕事できる環境に憧れる
  • 仕事した分だけ収入に繋げたい
  • 上司に指示をされるのがイヤだ
  • 自分のスキルや強みを生かして人の役に立ちたい

あなたが上に書いた生き方をしたいなら、フリーランスエンジニアは自信を持ってオススメできます。

ぼくはフリーランスエンジニア4年目ですが、自由にコントロールできる生き方がホント最高です。

とはいえ、未経験からフリーランスエンジニアになるのはハードルがとてつもなく高く感じるでしょう。

「仕事が取れなくて生活が出来なくなったらどうしよう…」という不安も感じますよね。

その不安を解決してくれるのがプログラミングスクールだと、ぼくは思っているのです。

が、最近はスクールの乱立で自分に合ったスクールを選ぶのが未経験者だと超難しい。

実際に「どこのプログラミングスクールがオススメでしょうか?」という相談も何件か受けています。

そのお悩みを解決するべく、フリーランスエンジニア4年目のぼくが、理想のライフスタイルを最短距離で実現できるプログラミングスクール選びの条件と、現時点で一番オススメのスクールをまとめました。

食うのに困らない「稼げるプログラマー」になる条件

憧れのライフスタイルの前に、まずは最低限の生活を送れないと次のステップに進めません。

これまでの経験を棚卸しして、それを実現できるスクールの条件を挙げます。

  • プログラミングを最低6ヶ月、集中して学べる
  • 自力で解決できない事をマンツーマンで相談・即解決できる
  • アドバイスを受けながら実際に仕事でお金を稼ぐ経験ができる

ポイントは、学びが継続できる仕組みになっているか

プログラミングを最低6ヶ月、集中して学べる

プログラミングを挫折しちゃう理由の1つに、スキルが身に付くイメージが出来ずイヤになる事が挙げられます。

ぼくも初めて1ヶ月くらいの時に

ほーく

いつまで学べばワイの脳にプログラミングがプログラムされるんや…

と絶望した回数は数えきれません。

ただ、続けていくと分かるんですが、プログラミングってある日突然わかるようになるんです。

点と点が繋がる感覚って感じ。

そのレベルまで行けば、プログラミングの仕組みが何となく分かってくるので「こうすれば実装できるな」と分かるようになります。

そこまで行くまでは、最低半年かかると経験上感じます。

ぼくは会社員時代、半日を電話やメール対応、もう半日をプログラミングに使うのが大まかなスケジュールでした。

その状況でプログラミングの感覚を掴んで開発できるまで半年くらいかかったんです。

だからこそ、6ヶ月は集中して学べるスクールが良いのです。

自力で解決できない事をマンツーマンで相談・即解決できる

プログラミングで挫折する原因2つ目は、エラーが出ても自力で解決できない事。

動かない理由が分からず、どこを直せば良いかも分からない…

そんな戦いで1日ならまだしも1週間を無駄にしちゃって「こんな事が続くなら辞めよう」と諦めるのが独学の鉄板ルート。

ぼくが務めていた会社の上司がよく言っていて何度も救われたのが「エラーを自力で解決できない状態が2時間続いたらオレに言ってくれ。それ以上は悩む時間の無駄だ」って言葉。

これが無かったら、ぼくは確実にプログラミングが大嫌いになって習得も遅くなるのは確実です。

人によって習得速度も違うので、出来れば1対1で相談に乗ってくれるプランがあるスクールが断然オススメです。

アドバイスを受けながら実際に仕事でお金を稼げる

プログラミングを挫折する最後の理由は「学んだ先をイメージできない」という事。

「if文とfor文は完璧!で、何に使うの?」

みたいな。

そうなっちゃわないように、実際の現場でプログラミング使って何ができるかイメージするのが重要です。

贅沢を言えば、クラウドワークスやランサーズのようなクラウドソーシングで案件を獲得、クライアントワークを提供なんかが売りのスクールが良いです。

ぼくの感覚では、実践すればただ学ぶよりも数十倍はスキルが身につきます。
お金も貰えるとなれば最高ですよね。

さらに、お金をもらえる仕事=ニーズが体感できるので、どんな仕事に需要があるか分かります。

あなたが自分のサービスを提供したいと考えている場合、ニーズと実績を得られるのは最高のメリットです。

贅沢ですが、スクール講師のバックアップを受けつつ、それらのメリットを受けられるのは大きなアドバンテージになります。

6ヶ月で未経験でも食うのに困らないフリーランスになれるスクールは?

以上の条件を踏まえた上で、色々なプログラミングスクールのサービス内容をチェックしました。

結果、一番良いと感じたのが「侍エンジニア塾」でした。

侍エンジニア塾をチェックする

侍エンジニア塾が良いと思うところ

未経験からフリーランスエンジニアになるのに「侍エンジニア塾」が1番イイと感じる理由は以下です。

  1. マンツーマンでレッスンしてもらえる
  2. オーダーメイドでカリキュラムを作ってくれる
  3. クラウドソーシングを実践してお金を稼げる
  4. 無料体験レッスンを受けられる(地方でもオンライン通話で可能)

マンツーマンでレッスンしてもらえる

1対1のレッスンなので、エラーでつまずいたりプログラムに実装したい機能の相談が可能です。

独学だと、検索しようにもどんなキーワードで検索すれば良いか分からない事も良くあります。だからこそ、経験豊富な講師に相談できるマンツーマン形式はかなりオススメです。

侍エンジニア塾では、レッスン開始から終了まで講師が専属で付いてくれるので、目標やつまずきやすいポイントも把握してもらえます。←重要

独学でかかるはずの時間を何十倍も短縮できるというワケ。

オーダーメイドでカリキュラムを作ってくれる

先日、侍エンジニア塾の体験レッスン受講者に話を聞く機会がありました。

その方は無料体験で相談を行ったんですが、相談内容を元に作られたオーダーメイドのカリキュラムを後日提案してもらったそうです。

実際に入塾中にオリジナルWebサイトをスタートした方もいるそうなので、あなたがプログラミングでやりたい事があるならスクールで実現できちゃうというワケ。

クラウドソーシングを実践してお金を稼げる

ぼくがかなり重要視しているのがこれ。

なんのためにプログラミングを学ぶのかと言うと、当然使うためですよね。

それを考えた時、「ただ教わるだけ」じゃなくて「実際に自分のスキルでお金を稼げる体験」が出来るのは何よりも大事です。

自分で稼ぐ体験ができると自信が付いて継続できます。

そして、継続ができると勝手にスキルは身につくので自然と収入に繋がっていく。

好循環のためにも実践は大事です。

無料体験レッスンを受けられる(地方でもオンライン通話で可能)

高いお金を払うのに、内容や講師が自分に合わなかったら最悪です。

どれだけ良いカリキュラムがあっても、先生が微妙だったら学習効果が下がってしまいます。

そんなミスマッチを防ぐために、侍エンジニア塾では「完全無料体験レッスン」が受けられます。

しかも、塾まで直接行けない方のために家からオンライン通話でレッスンを受けられます。

無料レッスンを受けた方も、しつこいセールスは全くなかったと言っていたので、まずは無料レッスンを受けてみて、自分の思い描くワークスタイルやライフスタイルを実現できるか相談してみてください。

侍エンジニア塾の無料レッスンを詳しく確認する

フリーランスエンジニアはオススメの生き方

まとめると、

  • フリーランスで食っていくならスクールで学ぶのが最短距離
  • プログラミングスクール選びはいくつか条件がある
  • 稼ぎつつ自分に合った内容が学べる侍エンジニア塾が良い
  • まずは無料体験で相談するべし!

あなたがパソコンを触るのが大嫌いだったらオススメしませんが、そうでないならフリーランスエンジニアは本当にオススメの生き方です。

ぼくの場合、自分で時間をコントロールできるようになったのが何より嬉しいです。

会社員時代は決められた仕事を決められた納期で作らなければいけなかったので、残業で深夜帰宅は当たり前でした。

今は仕事の量や期日を自分でコントロールできるので、ストレスがかなり減りました。

ただし、スケジュール管理めちゃくちゃミスって深夜まで働く事や、頼まれた依頼を断れず仕事まみれになるなど、技術とは別で自分の至らなさを痛感する事も多いです。

それでも「手に職がある」状況は想像以上にニーズがあって安心できています。

自分にフリーランスエンジニアという働き方が合っているかを含めて、まずは経験者の言葉を聞いてみるのがオススメです。

侍エンジニア塾の無料レッスンを詳しく確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です