名刺もEvernoteに集約したらやっと「Evernoteスゴイ」って言われる理由が判明した

Evernoteの何がすごい

一時期、「Evernoteがスゴイ」って記事がバズりにバズっていた時期がありました。

それに触発されてEvernoteを使ってはみるものの、そこまでの凄さを実感できなかったんですよねー。

最近、フィリピンに旅行するにあたって、海外旅行保険付帯のクレジットカードの連絡先や観光情報をEvernoteにガーッと入れてました。

その時になんとなく「気持ちいい」って感じることがあって、名刺もぜーんぶそこに入れとけばいいじゃんと思い、Evernoteに集約してみたんです。

すると、恐るべきことにEvernoteのスゴさを実感できたのです。

知りたい情報が全部Evernoteにあるってのが快感

Evernoteの何がスゴイか。

導き出した答えは「Evernoteを見れば大体解決する」ってところです。

旅行先について書いたノートあるかな〜って検索すると出てくるし、新しいMacを買ってWi-Fiのパスワード設定するときにiPhoneで検索すると出てくる。それをMacに打ち込むだけ。

なんて状況が作れるんですよ。これに気付いちゃうとEvernoteすげー!ってなるんですよね。

なんか困ったことがあったらEvernoteに検索してみる、って使い方をして、実際にバチッとそれが出てきたときに快感を覚えます。あぁん…。

ぼくの場合、「Evernoteに名刺を保管する」って作業でそれに気づきました。

名刺はただのキッカケですが、その時に「何かを保存する」ことによって初めて便利になるんだ!と気付いたわけです。

SPONSORED LINK

ノートの作り方や整理術を学ぶだけだとスゴさは実感できない

逆に言うと「使ってないと何がスゴイのかわからない」って状況になります。

「Evernote 使い方」で検索して、ノートを分けるコツとか、その人がどんなノートブックやタグを使ってるかってのは二の次です。

ぼくは「みんながスゴイっていうから、めっちゃスゴイはずや!」と思って、そういうのを見まくってたんですが、すぐに挫折しました。

それは考えてみるとちょー当たり前の話で、そもそも自分でノートを作ってないと意味ないのです。

みんなそういったテクニックを学べば素晴らしい未来が待っていると思っていたからこそ、Evernoteの記事がバズっていたのではないかと思ってます。

まずはノートありきなんですよね。

なんでもいいけどキーワードを散りばめてノートを作る

ということで、ぼくからEvernoteを活用するコツを言うとしたらたった1つ。

キーワードをちゃんと書いたノートを何も考えずに作る

これです。

たとえば「フィリピンのセブ島に行きたい」って思ったら「フィリピン」「セブ島」って書いたノートを作る。

そうすれば「フィリピン」でも「セブ」でも「島」でも検索すれば出てきます。

Wi-Fiのパスワードを保管しとくなら「ほーくの家のWi-Fi」ってタイトルを付ける。

そういう「役に立つんかわからんけどとりあえず書いとく」を繰り返していくうちに、自分の、自分による、自分のための素晴らしすぎる情報の集まりができてしまうのです。

ぼくもいまその段階で、ノートブックを作って細かく管理したり、タグを徹底活用したりということは一切してません。

今後もそうかもしれないし、神からアイデアが降ってきてめっちゃ細かく管理を始めるかもしれません。

メモ帳代わりにでもしとくか、ってくらいのテキトーさで使うのがいい感じだと思われます。

iPhone 6s Plusにしてからアプリの動作もキビキビしててはかどる

EvernoteのiPhoneアプリは重いってイメージがありました。しかし、そういえば最近はそう感じなくなっている自分。

それを決定付けたのが、最近購入したiPhone 6s Plus。処理能力が究極的に素晴らしくて完全に使えます。

今までのイメージでiPhoneにメモるのを心理的に避けてたんですが、最近は普通に活用しております。

3D Touchでサクッとメモ画面に行けるようになり、他のアプリも別にいらないんじゃないかというレベルです。

過去の自分から情報がいただけるスゴさ

この考え方が腹に落ちると興奮するので、刺激に飢えている方はどんどん試していただきたく思います。

なんだかんだ適当に3年ほど使ってたぼくでも、スッゲー便利じゃん!って感じる日が来たので、意識して使うようにすれば誰もが開ける悟りでしょう。

すごいぞ、過去の自分。

名刺管理だけに注目すると、多少面倒くさくなる

これまで名刺管理はEightっていう名刺管理サービスを使ってました。

名刺を写真にして送ると、Eightの中の人が人力で打ち込んでデータをつくってくれるのが売りのサービスです。

普通は機械でスキャンして認識する中、人が打ち込んでくれるってのが素晴らしく感じておりました。

今使ってるのは、写真をキレイに加工しつつEvernoteに直接データを取り込めるアプリの「Scannable」。

Evernote Scannable

無料
(2015.11.02時点)
posted with ポチレバ

こっちは文字判別を自動で行うので、おしゃれな書体を使ってる名刺だと結構間違えます。

その辺を直す手間はちょっと増えたんですが、それでも「情報を一つに集約する」恩恵の方が大きいので、総合的には満足してます。

Evernote

無料
(2015.11.02時点)
posted with ポチレバ
SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事