LIVEを映画館で見られるマジ素晴らしい時代。BIGBANGのライブビューイングを観てきた感想

ホットドッグを食べながら観てきた、ライブビューイング。

ライブビューイングとは、映画館でLIVEが見られるもの。LIVEの録画を流すのではなく、どこか違う会場で開催されているLIVEを中継で見られるのである。

愛しいmiwaも以前開催していたので、前々から存在は知ってたけど、先日初めて観る機会があった。観てきたのは1/18に京セラドーム大阪で開催された『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 “X”』。

ライブビューイングの空気感を知りたかったので観てきた。

飲み食いしてトイレに行きつつ見られるのがサイコー

正直、最初は「コレほんと最高やな」と心底感じられる日になるとは思ってもなかった。なぜ最高だったか。その日はお腹の調子が非常に悪かったのだ。

ホントにLIVE会場に行っていると、人が大量にいる中を何とかくぐり抜け、遠い距離を駆け抜けてトイレへ急行する必要がある。大体トイレは1、2箇所しかないので、ヘタすると大のできる場所が埋まって待ちがいる可能性がある。LIVE中はそういう状況は少ないと思うけど、LIVE前後はほぼ満員になっている。

僕は男なのでまだ楽だけど、女性となるとローテーションに時間が掛かるので、結構キツイ状況があるのではないだろうか。

しかし、ライブビューイングは違う。僕はイオンシネマ金沢で観てきた。ショッピングモールのイオンだ。映画館の入り口にトイレがあり、そこが万が一埋まっていても同じフロアにトイレがいくつもある。なので、緊急事態になってもすぐに用を足すことができる。これはなかなかの革命だ。

トイレでゲリラ豪雨を済ませたあと、戦闘勝利の満足感から食事を食べたくなった。そんな時もライブビューイングなら安心。映画館横にある売店でホットドッグとアイスティーを購入して再度会場へ向かえば良いのだ。

終始リラックスしながらLIVEを楽しめるというのは今までなかったものなので、とても新鮮だったと共に感謝した。

SPONSORED LINK

大ファンは立ってノリノリもOKな空間に驚く

とはいっても「LIVE集中して観たいからLIVE前に全部準備していくもん!」って人が大半だと思う。僕だってお金を払って行っている以上、トイレは開演前に済ませたいと思っている。

そういう人にとってもライブビューイングは素晴らしい。人気アーティストのLIVEは大抵、同じ金額を払っても運によってはステージから遠かったり近かったりする。ドームやスタジアムだと、どんなに近くても間近で観てるって感覚はないと思う。

ライブビューイングは僕たち観客が決して入れない場所に設置されているカメラからの映像が放映されるので、LIVEを味わっている感覚+その瞬間のアーティストの顔を観ることができる。ファンにとってはとても良いことだ。

もちろん、臨場感だったり、音響の迫力だったりは実際のLIVE会場には及ばない。そりゃ当然。しかし、僕が見たBIGBANGのLIVEだとファンがペンライトを振り、立ってノリノリで盛り上がっていた。それも会場の半数以上がそんな感じだった。

メンバーのG-DRAGONが投げキッスをすると会場で「キャー」という黄色い悲鳴が聞こえるほどだ。よくわからないけど、ライブビューイングだとしても「ジヨン(G-DRAGONのこと)が可愛くてたまらない」そうだ。

彼女たちにとっては、同じ会場じゃなくても臨場感を味わえているのだ。ホントかよと僕もちょっと思うけど、ホントに熱気に包まれていた。

地方から行けない人へのソリューション

僕個人的にいえば、やっぱりLIVE会場に行ける時は行ったほうがいいと思う。それはライブビューイングにきている誰もがそう思っているはずだ。

だけど、東京や大阪などの大都市圏のみで開催されるLIVEで金銭的にも時間的にも難しい人、体調などの問題で会場いけない人にとっての解決策にはなる。映画にしては高額(4000円)だったけど、LIVEとして考えると、移動費等も浮くので安い。こういう試みは今までなかったので、なかなか良い所に手を伸ばしたなぁと感じた。

上にも挙げたとおり、音響はどう頑張っても「映画館の音響」だし、最初は歌声が聞こえづらいと感じたところもあった。そしてほとんど豆粒にしか見えないけど、そこに本物がいるという感動はLIVE会場でしか味わえない。

こういう当然っちゃ当然の問題もありつつも、なかなか良いものなのである。VRとかを駆使すれば、本物よりも本物っぽい臨場感を自宅で味わえる確信があるので、早く対応してほしい。

アミューズを中心として続々上映される

ところで、ライブビューイングを配給している『ライブビューイングジャパン』なる団体が気になったので、調べてみたところ、サザンオールスターズとか福山雅治とかが所属しているアミューズの会長と社長が代表を務めている団体だった。

ライブ・ビューイング・ジャパン : 会社概要

資本構成を見ると、音楽系ではアミューズの他にもエイベックス、ソニー・ミュージックエンタテインメントもあるので、LIVEに関してはそこに所属するアーティストのライブビューイングが中心になるだろう。他にも嵐がライブビューイングを開催しているそうだ。

これはチャンスとばかりにアミューズの株に投資してみようかと思ったけど、すでに結構上がってた。

アミューズ 株価 Google 検索

もっと最新技術を使ってエンタメ感を出せそうだけど、結構時間が掛かりそうな資本構成なので、その辺は置いとく。にしてもなかなか楽しいコンテンツになりそう。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事