KindleがPC/Macで読めるようになったことで完全に紙の本を超えると予感した理由

kindleアプリ画像
Kindle トップ画像

Kindle使用者であれば、自分がグッときた部分をハイライト(マーキング)していると思う。

iPhoneでもiPadでもAndroidでもKindle端末でも、すべての端末でハイライトが共有されることの便利さは素晴らしい。

ハイライトした部分をざっと見直すときも、Amazon KindleページのYour Highlightsから見ることができる。

このAmazon Kindleページ、PC/Macに対応したことで、信じられないほど便利になったのを知っているだろうか。

Amazon Kindle

1クリックでKindleが起動してハイライトした部分を表示してくれる

Amazon KindleのYour HighlightページをMacで見ると、「Read more at location ○○」という表示がある。

これまではここをクリックしても、日本のKindleに対応したPC/Macアプリがなかったから何も意味がなかったのだけれど、先日KindleのPC/Mac版が登場したことで、絶大な意味を持つようになった。

Amazon Kindle ハイライト箇所

「Read more at location ○○」をクリックすると「Opening in Kindle for Mac」と表示され・・・

Amazon Kindle ハイライトを開く

Kindleでハイライトした部分が開く。

Kindle for Mac ハイライトを開いた所

この操作が可能になったのだ。

SPONSORED LINK

Kindle本の書評がものすごくやりやすくなった

僕が「あ、これは完全に紙の本を超えるな」と感じた理由の1つは、Kindle本の書評がものすごくやりやすくなったから。

書評は本の一部分を引用することで、かなり説得力が上がると思っているし、なにより編集者の手で作られた本は、人の心をグッと掴むフレーズが多くあるように思う。

紙の本の書評を書く時は、本を開きながら、誤字脱字のないようにパソコンに打ち込んでたけど、Kindle本ならハイライトしておくだけでコピペができる。

とは言っても、これは今までもできていた話。

しかし、そこに「ハイライトした部分」を「簡単に」読み返すことができるようになったときたら、「紙超え」を感じずにはいられない。

本を読んでいる時は文脈を理解しているから、文章を一部分抜き出しただけでも意味がわかる。だけど、しばらくしてハイライトした部分だけ読んでも意味がわからないことがよくある。

結局、その都度前後の文脈を読み直す手段を取らなくてはいけなかった。

Kindleはそういう意味での「読み直す」ってのがとっても面倒だと思っていて、ハイライトした部分をKindleからでも見直せるとはいいつつも、パラパラめくるだけの紙よりかは、どうしてもアクセスが遅くなってしまう。

その問題を解決してくれたKindle for Macは、僕の中で最大の問題だった電子書籍の不便な部分をほぼ解決してしまった。

他にも不便に感じていたことはあった。「ぱらぱらめくれない」という問題。本を読むときに使っていたKindle Paperwhiteのページ送り速度に不満があったのだ。

紙のようにペラペラめくりながら本を読むことはたくさんある。けれど、Kindle Paperwhiteはどうしてもページ送りがもたついてしまっていた。

この問題は、iPadのKindleアプリを使うことでかなり解決した。紙よりもパラパラ感は少ないけど、動作速度が早いおかげでストレスを感じずにパラパラできるようになった。

これらの不満問題がクリアになったことで、本格的に電子書籍に移行してもいいかも。と思うようになった。

あとの不満といえば、Kindle本にはDRMがついていて、Amazonにコピーガードされている状態になっていることくらいかなぁ。

コピーガードされている限り、僕の購入したKindle本は完全に僕のものではない。

また、Kindleの本はダウンロード済みのものでも、Amazonが好きなように操作できるとわかっている。万が一Amazonが倒産してしまった場合には購入した本がすべて読めなくなってしまう可能性もある。

この問題に関しては、ここまでKindleが普及しているのだから、その心配はないと思っているけど、なんとなく自分のものじゃない気がして微妙だ。

iPhoneやiPadだとアプリ間起動ができない

タイトルに「超えると予感した」とあるように、まだ紙の本に完全に移行するには不完全な部分がある。

それは、iPhoneやiPadだとハイライト部分を1タップで見られないこと。

iPhoneやiPadには、URLをタップするとアプリを起動する仕組みが備わっているので、できないことはないと思う。

だけど、今のところ、iPhoneにもiPadにも「Read more at location ○○」の表記がない。

Kindleで開けない iPhone

iPhoneにはない

Kindleで開けない iPad

iPadにもない

なので、iPhoneやiPadでハイライトした部分を見る時は、Kindleアプリでハイライトした一覧から探すか、あらかじめPC/MacのKindleでページを開いておき、同期するかしかない。

この対応ができたら、僕がKindle(電子書籍)に感じていた不便な部分が一気に解決されるし、Kindleの比重が間違いなく増える。

早くその日が来ることを願っている。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事

kindleアプリ画像