フツーの男がInstagramを楽しく使うには?実験して活用できるまでの手順をまとめたので公開するよ

富士山

めっちゃ女性の中で流行りまくりのInstagram。

知り合いの女性もほぼ使ってますからね。しかしながら、あんまり男でガッツリ使ってる人がいない!

ということで、有名でもなんでもない男が活用しても楽しめるのか実験しました。

結論から言うと、めっちゃ楽しいし、仕事にも使える業種がたくさんあるのではないかと。

何より、いいねとかコメントもらえると嬉しいですね。承認欲求が足りてないのでしょうか。

Instagramが気になるけど活用できてない方に向けて、Instagramを楽しく使う方法をまとめました。

テーマ(趣味)を見つけるのが何よりも最優先

Instagramはズバリ、「自分の世界観をビジュアライズする」ものです。

ある程度は自分の中の軸がないと誰からも見向きされません。

これはInstagramに限りませんが、

  • ラーメンのコンテンツに絞って発信している人
  • ラーメン、ポテチ、弁当など、全然ジャンルを絞らずに発信している人

ラーメンが好きな人はどちらをフォローすると思いますか?

ほぼ前者ですよね。

写真は文字よりもスッと目に入るので、使われている画像の風合いなどで「好き」「興味ない」を即判断されます。

どんな人からも好かれるというのは、可愛い女子や有名人でない限り難しいので、一般人やヒゲの生えた男性はプライドを捨ててとにかく自分の好きなテーマを発信しましょう。

「自分のテーマを見つけて、それを愚直にアップし続けて世界観を作る」が正攻法。

ニッチなテーマだからフォロワーは集まらなさそうと思う人もいるかもしれません。それは確かにそうかもしれませんが、ただフォロワーを集めて人数だけ多くなっても、全然いいね付かないです。

共通のテーマが好きな人が集まるコミュニティを作るイメージですね。それを活性化させた方が楽しいし、いいねをもらいやすくなります。

SPONSORED LINK

これまでの実験の歴史

具体的にお前は何をやったんだ?と言われそうなので、ぼくがやってきた歴史を発表しましょう。

1.自分のテーマを思考錯誤して決めた

最初は「フォロワーを増やすんや!」と、文字が不要で海外の人にもアピールできると思い、「旅行」をテーマにアップを始めました。

去年行った石垣島の風景をアップし、めちゃくちゃ英語タグを付けて、Google翻訳した英文と日本語のキャプションを付けて実験。

相互フォローをお願いする「follow4follow」「#f4f」なんかを付けてみたんですが、フォローされたと思ってフォローを返すと一瞬でフォローを外されるという、めっちゃムカつくことをされましたので、こちらもフォローを外してブロックしまくりました。

で、しばらくやってたんですが、属性も合わない。ファン(フォロワー)が付かないし、そして何よりあんまり楽しくなかったのでやめました。

そこでいろんなインスタグラマーを見てると、読んだ本をアップしてる人がちらほら。

「うおおお!これは面白い!やりたい!本好き!」

ということで「読んだ書籍の表紙をアップして読書感想文を行う」ことに決めました。

あと、外国人が多いとはいえ、日本語の本の表紙を見て興味を持ってくれる人はあんまりいないと思ったので、日本語のキャプション(本文)オンリーで運用することに。

2.投稿する写真の風合いを決めてアップする。タグ大事!

お次は見た目の世界観ですね。

本をアップするときの画像処理ですね。フィルターとも言います。

これは「VSCO」ってアプリを使いました。

VSCO

無料
(2016.04.02時点)
posted with ポチレバ

基本無料で、有料でフィルターを購入できます。

ちょっと投稿を差別化したかったのと、有料フィルターってどんなもんだろうと気になったので、1つだけ有料フィルターを購入して、それを利用しています。

無料でも使えるフィルターがたくさんあるので、気に入ったものを使うといいでしょう。コントラストや色温度の設定もできるので、単純に画像編集アプリとしても使えます。

これで風合いを出し、1日に1〜3投稿アップしていきます。

タグも「読書が好きな人」が集まるタグを調べてつけました。

Instagramはフォローしてなかったらタグ以外から投稿を見つける方法がほぼないので、タグ選びはめっちゃ重要です。いろいろ実験しましょう。

注意点としては、人気すぎるタグは使わないこと。

めちゃくちゃ使われているタグを使おう!って記事が多いですが、人気投稿や新着からすぐに流れていくのでオススメしません!

フォロワーが数千人になって、一瞬でいいねが500とか付くようになるまでは、激戦区で戦っても勝てないでしょう。

「使われまくってもないけど、全く使われてないわけでもない」くらいのタグ(数千〜数万投稿くらい)を使うのがちょうどいいでしょう。

. 投資家が「お金」よりも大切にしていること . 「お金=汚い」と思っている人に読んで欲しい本。 . お金を稼ぐことは、人の役に立つこと。投資は社会の役に立ち、お金をたくさん稼いで、たくさんの人の役に立っている会社を応援する活動なのです。 . 著者の藤野さんは、そんな会社を応援する「ひふみ投信」という投資信託(お金を預けると代わりに株式投資をしてくれるもの)を運用しています。 . その一貫した活動は、徐々にたくさんの人に共感されていて、ひふみ投信自体も成長しています。 . ぼくも共感者の一人で、ひふみ投信を利用しています。「株=わけがわからず怪しいもの」という価値観を変えてくれるステキ本です。 . #本 #読書 #株 #投資 #藤野英人 #ひふみ投信 #応援 #book #生き方 #お金 #価値観

Takatsugu Hiraiさん(@takatsugu_hirai)が投稿した写真 –

最初はこんな感じの撮り方をしていたんですが、Instagramの正方形写真を生かして、以下のように真正面から撮る方法に変えました。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる 目標に本気で走れないのは、失敗が怖かったり心配なことがあったりと、根本的な原因があるから。 自分はどこにつまずいているのかをしっかりと理解する方法、その心とどうやって付き合っていけば行動できるのかが書いてあります。 本書を読んで、自分は成功までのイメージをしっかり練ってないのが行動が遅くなる原因なんだと感じました。イメージする上で、紙に書き出すことはスッゴクいいことなんだなぁ。 #読書 #本 #ビジネス書 #藤由達藏 #読書の時間 #読書感想 #読書部 #読書ノート #読書好き #時間術 #習慣

Takatsugu Hiraiさん(@takatsugu_hirai)が投稿した写真 –

なんとなく締まって見えません?

いいねも100超えました♪こうなるとちょっと嬉しいですね。

気になる人をいいね、フォローしまくる

Instagramはいいねやフォロワーをお金を出して買えるんですが、死んだユーザーを買っても何の意味もないので、「正真正銘、自分が好きな人」をフォローし、「正真正銘、自分がいいと思った写真」にいいねしまくりました。

すると、かなりの確率でいいねを返してくれたり、フォローを返してくれます。

結構疲れますが、何枚かテーマに沿った写真を投稿しておいた上で、本気でフォロー&いいねをするとめちゃくちゃフォロワー増えますよ。

集まるのが自分の好きなテーマ&世界観の人ばかりなので、どんどんフィードを見るのが楽しくなってきます。

小説はあんまり読まないんですが、小説の投稿をしている面白い人が多かったので、そういう方もフォローしました。

あらすじと感想を書いている人の投稿を読んで、グッと引き込まれて小説を買ってしまいましたもんね・・・。

Instagramは本文にリンクが貼れない分、宣伝できません。なので、直接経済が動くというよりかは、リアルな口コミから商品が売れていくイメージです。

プロフィールをふんわりした感じに修正

自分の世界観に合わせたプロフィールに変更します。

今はこんな感じですが、結構変更します。写真と組み合わせた世界観を作るためにも手を抜かずに作りましょう。

Instagramプロフィール

これで、フツーの男でも楽しめるInstagramが出来上がりました。

フォロワー1000人目指したいな〜。

女性はリアルを求めてGoogle検索からInstagram検索へ

知り合いの女性から話を聞くところによると、初めて行く場所を調べるときは、まずInstagramの検索から調べるそうです。

まずはGoogle検索のぼくは、めっちゃ驚きました。

何でも、「リアルな口コミがわかるから」とのこと。

例えば、温泉旅館に行くとしても、ホームページには書いてない、バイキングで食べられる美味しい食事がチェックできるし、本心からの口コミがゲットできるそうです。

なるほどなぁ〜と。

というわけで、ビジュアルで魅せられる業種の方は、Instagramで投稿される仕掛けや、自らリアルを発信する場としてInstagramの活用をすべきではないかと思います。

フォローしてチェックしてみてください

Twitterとは全然違う文化があって、めちゃくちゃ面白いので、趣味がある人は是非始めてみるといいですよ!

ぼくもいろいろと実験していこうと思っているので、勉強がてらフォローしていただけると嬉しいです〜。

Instagram

この書籍は企業マーケティング寄りではありますが、かなり個人でも使えそうなノウハウが掲載されてました。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事