iMac(Late 2015)が到着!使って1日経ったのでレビュー

IMac Late2015 外箱

念願のiMacが届きましたよー!

販売開始直後に購入しましたが、カスタマイズを入れているので標準タイプに比べて4日ほど遅い到着になりました。

使ってみた感想を一言で言うと「大満足」。

前回のiMacは4年前の2011年に購入していました。それと比較しても、正面の外観以外は完全に別物です。マジ感動。

ハードディスクのカリカリ音がない!

IMac Late2015 本体

今回、iMacを購入するにあたっての不安要素がHDDの音の大きさでした。4年前のiMacはHDDの音がめっちゃうるさかったんです。届いた瞬間ちょっと後悔したレベル。

それが全然気にならない。今回選んだのはFusion Drive(2TB)。よく使うファイルはSSD、あまり使わないファイルはハードディスクに保存される仕組みです。

これの恩恵だと思うんですが、ホント無音。感動的。

これがぼくの求めていたMacなのです!やりました!

これまでメインMacとしてMacBook Pro Retina 15インチを使っておりまして、さすがに完全なSSDに比べると動作速度が劣ると覚悟してたんですが、体感では全くわかりません。

ぼくが鈍感なだけかもしれませんが、ストレスゼロで使えてます。

SPONSORED LINK

発色が変わった?ディスプレイが美しくなってる

盲点だったのがディスプレイの発色が格段に良くなっている点。

SNSで情報収集してたので「ディスプレイが変わる」ってのは知ってました。

しかし、ぼくみたいなフツーの人でも発色の違いがわかるってのは結構すごいことではないでしょうか。めちゃくちゃ綺麗です。

ほーくブログとiMac Late2015
本ブログの発色も鮮やかに変わった。わかる?

特に赤色と青色は、普段Mac使ってる人だったら一瞬で「違う」ってわかるほど違いますよ。

どう変わったか調べたら、Appleがわかりやすく説明してくれてました。

新しいRetinaディスプレイの色域は従来よりも広くなり、より明るく現実に近い色をデスクトップで映し出します。標準的なsRGBベースのディスプレイでは、現実世界で目に見える色の多くがスクリーン上で再現されることは決してありません。新しいRetina 5Kおよび4KディスプレイはP3ベースの広い色域を特長とし、25パーセント(sRGBよりも)広いカラースペースにより目に見える色が増えることから、画像や写真はより鮮明になり、細かい表現力はさらに高まり、被写体をかつてないほど真に迫る姿で映し出します。

出展:Apple (日本) – Apple Press Info – Apple、美しい新Retinaディスプレイを搭載しiMacファミリーをアップデート

ネット見てるだけでも違うもんね。

Retinaとはいえ、まだこんだけ進化するのはすごいなー。他のMacも買い換えたくなるくらいいい感じ。

解像度を変更してスペースを拡大するとサブディスプレイいらない

Retina版Macですんごく便利だなーと思ってるのが「解像度の変更」。

iMac27インチ(5K)だと3200×1800まで表示可能になります。

ディスプレイの解像度を変更

スペースを拡大してもさすがRetina。綺麗です。

Chrome並べてみたけど余裕で見られます。

IMac全体

今までMacBook Proの15インチ+サブディスプレイ(iMac)を使っていたのでディスプレイ2台の天才さはわかってたつもりです。

でも、この解像度なら1台でいけるんじゃないかと予想しておりました。予想的中。

机周りもスッキリして、使ってて気持ちいいわ〜。

Magic KeyboardとMagic Trackpad 2がちょーいい感じ

トラックパッドの薄さ比較

新しいiMacと同時に発表されたのが「Magic Mouse 2」「Magic Trackpad 2」「Magic Keyboard」の3つ。iMacを購入すると付属してきます。

変更点はいろいろあるんですが、バッテリーが内蔵されることによって充電に対応したのが最重要ポイント。

ぼくは前回のiMacからトラックパッド派なので今回も追加料金を支払ってMagic Trackpad 2を購入してやりましたよ!

旧製品と並べて記念撮影したのがこちら。

Appleのキーボードとトラックパッド比較
新しいのが上、旧製品が下。

Magic Keyboardレビュー

Magic Keyboard

まず新型キーボードの「Magic Keyboard」ですが、新設計になっていて打ちやすくなりました。軽く打てる感じです。

コンパクト+充電式になったので、持ち運びも考えられますね。iPhone 6s Plusと組み合わせて、外で文章書くなんてのもいいかも。最先端っぽくてワクワクしますなぁ。

あー、かっこいい。けど、右上にあるディスクの取り出しボタン、いらないと思う。無駄にでかいし。

Magic Trackpad 2レビュー

Magic Trackpad 2

もう質感が完璧。このスタイリッシュさが完璧です。オシャレな美術館の壁みたい。

曇りガラス的な質感で触ってて楽しくなる一品です。横幅には困ってなかったんですが、29パーセントも広くなったそうです。

角度が小さくなって使いやすさが変わらないか心配だったんですが、全然違和感なし。

ただ、感圧タッチが搭載されて、初めのクリックが軽くなったせいか、手を置いただけのつもりなのにクリックしちゃうことがあります。ここは慣れかな。

全体的に見て買い!

というわけで、完全に買いです。高いお金出して買ってよかったです。

「こりゃねえよ」って思った点が一つもありません。強いて言えばキーボードにテンキーつけてくれたら嬉しいですけど。Apple的に「ナシ」なんだろーなー。

OSのEl Capitanも大好きです。たまーにChromeでコピペすると動作が止まる現象だけは直していただきたいです。

何より驚いたのがディスプレイの美しさ。ちょっと欲しいけど迷ってる…って方はApple Storeとか電気屋さんで見てくるといいです。欲しくなります。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事