iCloud フォトライブラリの仕組みがわからなかったので調べた結果オフにした

写真アプリ 起動画面

iCloudの機能「iCloud フォトライブラリ」。

なにもわからず使ってたけど、YosemiteのアップデートでiPhotoに置き換わる写真アプリの「写真」がリリースされたのを機に写真データの保管方法を見直した。

iPhoneを普通に使ってたら度々アラートが出るようになってたのもキッカケの1つ。

iCloudフォトライブラリ

気にせずに使ってたけど、調べてみたら僕には不要だったのでiCloud フォトライブラリはオフにした。

iCloud フォトライブラリはiTunes Matchの写真版

そもそもiCloud フォトライブラリとは。

iCloud フォトライブラリは、新しい写真 App とシームレスに連係して写真やビデオを iCloud に保管し、お使いの iPhone、iPad、iPod Touch や iCloud.com で、そして間もなく Mac でも、どこからでも最新の写真を閲覧できるライブラリです。

(略)

iCloud のライブラリにフル解像度の写真が保管され、各デバイスは容量節約のため解像度を下げた写真をそれぞれ保存します。

iCloud フォトライブラリ (ベータ版) についてよくお問い合わせいただく質問 (FAQ) – Apple サポート

iCloudに写真とかビデオを保管して、Appleのデバイスならどこからでも写真を見れますよー。的なもの。

iTunes Matchも同じように、曲をAppleのサーバーに置いといて、Appleのデバイスならどこからでも音楽が聴けますよー。ってサービスをやっている。

iCloud フォトライブラリはiTunes Matchの写真バージョンってイメージになる。

ちょっと違うのは、iTunes Matchはそれ専用の契約を年間3980円支払う必要があるのに対して、iCloud フォトライブラリは別の契約が必要ない。

ただ、そこがAppleの狙いでもあると思う。

SPONSORED LINK

ストレージ増量の契約をしないとほぼ使えない

契約が必要ないなら最高じゃん!って思いたい所だけど、フォトストリームと違ってiCloud フォトライブラリはiCloudの容量を使って写真を保存する

iCloudの無料ストレージは5GB。なので、写真が5GB以上ある場合はストレージの増量を促される。

iCloud ストレージ 警告

そこで「アップグレード」をクリックすると、プランが表示されるけど、これが有料

iCloud ストレージ アップグレード画面

Evernoteのように「毎月○○GBまでアップロード可能」とは違い、選択したプランの容量までしか使えない。

なので、写真が増えれば増えるほどストレージを大きくする必要が出てきて、月額料金が高額になっていくという危険な案件だ。

今ぼくはflickrの有料アカウントに登録していて、無制限で写真をアップできる。「年間」$24.99=約3000円。

flickrは無料アカウントだとしても1TBまで写真のアップが無料で、iCloudだと1TBは年間28800円。あんまりうまみがないと思う。

っていうか、こういうやり方って訳わかんなくなる人多いと思うんだけど…

写真は自分で保管しておきたい

写真ってその一瞬で1枚しか撮れない大切なものなので、僕はiPhoto、flickr、TimeMachineで同じ写真を消滅させないようにしている。

flickrも今はまだ全然容量を使ってなくて無料アカウントでも全然問題ないレベル。だけど、僕の契約している有料アカウントはもう契約できないプラン内容になっているので、お金を払う価値があるものだと思っている。

そして、いくらAppleといえど、写真データをすべて任せるというのはちょっぴり不安でもある。

今までどおり、写真は自分のデバイス内で保管を基本にして、flickrにバックアップってやり方にしようと思う。

iCloud フォトライブラリまとめ

iCloud フォトライブラリの仕組みがわからないまましばらく生活していたけど、やっとどういう仕組みかわかった。

AppleのiCloud課金戦略的なやつ。ちょっと便利だけど、僕の考えてる生活には必要ない。

flickrはデジカメ専用で、iPhoneで撮影した写真はアップしてなかった(仕組みができてなくて)。

けど、今回の見直しで、アプリで自動化できることがわかったので、後日記事にしようと思う。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事