[金沢グルメ]片町で伝説の油そばをとうとう食べたよ!ラーメン『鳳凰(ほうおう)』

鳳凰 外観

片町での飲み会後の定番スポット、ラーメン「鳳凰」。

この店は汁なしピリ辛ラーメンの油そばが圧倒的な支持を受けている。

口コミが口コミを呼び、北陸3県にとどまらず、北陸新幹線に乗ってこの店に来るほどの熱烈なファンを持つこのお店は、存在を知ってからずーっと気になっていた。

そしてとうとう、食べられる時がやって来た!!僕の歴史が塗り替えられる日だ。

店内は写真だらけ。優しいおばちゃんもいて楽しい

やって来たのは午前3時10分前。閉店間際で看板の明かりが消えた瞬間だった。

明かりを消した店のおじちゃんに入れるか聞いたところ、ギリギリセーフ。もちろん油そばを注文した。

店に入ると、もう写真だらけ。さすが、伝説の店だ。

鳳凰 店内写真

一見ふつうのラーメン屋。無口なおじちゃんと優しいおばちゃんで35年間営業してきたそうだ。

鳳凰 店内
SPONSORED LINK

とうとう油そばを食べるときがきた

待つこと10分もないくらい。来ました油そば!(750円)

鳳凰 油そば

トロトロなチャーシューがたまらない。深夜にこんなの食べるの久しぶり。

鳳凰 油そばのチャーシュー

油そばが出てくると同時に、おばちゃんが食べ方を説明してくれた。

  • 下の麺を上に上げるようにしてよく混ぜる。
  • ゴマを入れると美味しいよ。
  • 酢が苦手じゃなかったらかけてみて。

混ぜてみた。

鳳凰 油そばのまぜ

油そばって太めの麺が多い印象だけど、鳳凰の麺は普通の太さ。

鳳凰 油そばの食べる前

まずはそのままいただく。うまい、うまいよ油そば。最初にピリッとした唐辛子っぽい味がきて、その後に麺の甘みと油のとろみが伝わる。

てか、油がサッパリしてる。こってりしてない。さらに、細切りのニンジンがさっぱりしていて、油を緩和してくれる。深夜に来るお客さんへの配慮だろうか。

お次に酢を入れていただくと、トロトロだったのが少しサラサラになって、かなり食べやすくなる。

酢の入れ加減が完璧だったのか、最強に美味しくなった。酢は入れる派になった。

あー、ここまで食べられて嬉しかった食べ物は久しぶりだなぁー。正直お腹いっぱいだったのがすげー悔しい。途中で「キツイかも…」ってなってしまった。空腹で食べたらもっとウマイんだろうなー。

次は絶対にお腹を空かせて行く。焼き豚丼も美味しいらしいので食べてみたいなー。

鳳凰の油そばが食べられるのは今後も片町のこの店だけ

食べ終わった後に、おばちゃんがいろいろ教えてくれた。

ここの味に感動して、弟子を志願する人もいるけど断っていること、コンビニが商品化の話を持ち掛けてくるけど断っていること、店舗を増やしたいと企業から打診されたことがあるけどそのつもりはないこと。つまり、今後も鳳凰の油そばの味は片町のことお店でしか味わえない

これだけでいかに鳳凰の油そばが伝説かわかるだろう。ちなみに、冒頭に書いた「北陸新幹線に乗って鳳凰を食べに来た人がいる」ってのもこのとき聞いた。

さらに、あとつぎもいないからおじちゃんの代で終わりとのこと。

「お金が欲しかったらいくらでも儲けられるけどやらんのやー」っておばちゃんが言ってた(笑)。カッコイイ。

月に15〜18日しか営業しない

伝説になるのは、営業する日数が少ないのも1つでしょう。

月に通常15日ほどで、多くても18日しか営業しないらしい。おばちゃんが体調を崩してた時期があって、長く続けたいからあんまり無理しないようにしてるらしい。

結構行ってもお休みのことが多いので納得。今回で訪ねて4回目だけど、やっと空いてた。

必ずまた来るとおばちゃんに伝えて店を後にしました。

店舗情報

鳳凰
住所:石川県金沢市片町1丁目12−17 アーバンビル1F
TEL:076-222-6631
営業時間:PM9:00ごろ〜AM3:00ごろ
定休日:日曜日、月曜日、祝日、その他不定休

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事