[Mac]実行するだけで隠しファイルの表示・非表示を切り替えるファイルを作成する方法

隠しファイルを使う(編集する)機会は結構ある。

Webサイトを制作するときもそうだし、プログラミングをするときにも、隠しファイルを編集する機会がある。

Macの隠しファイルを表示・非表示にする方法自体はたくさんのブログで書かれていて、Googleで「Mac 隠しファイル 表示」などで検索すれば大量にヒットする。

隠しファイルを常に出しとくならいいけど、それだと間違えて消しちゃダメなファイルを消してしまう可能性もあるし、何よりフォルダの中が汚く見える。

なので、隠しファイルを表示する必要がなくなったら非表示にするのだけど、また検索してターミナルに打ち込んでFinderを再起動して…ってのを繰り返すのがとても面倒。

そこで、クリックするだけですべて実行してくれる「command」ファイルを作ったら、すごい楽になった。

本日はcommandファイルの作り方を紹介します。

command(バッチ)ファイルとは

commandファイルとは、バッチファイルとも呼ばれているもので、すごーく簡単にいうと「ダブルクリックすると、中身のテキストをターミナルで実行してくれる」もの。

作り方も簡単で、テキストファイルにコマンド(シェルスクリプト)を書き込んで、拡張子をcommandにしてやるだけでOK。

SPONSORED LINK

隠しファイルを表示・非表示するcommand(バッチ)ファイルを作ってみる

実際に作ってみる。

テキストエディットにコマンドを入力

まずはテキストエディットを開く。

テキストエディットはFinderを開いたサイドバーにあるアプリケーションのなかに入っている。

アプリケーション テキストエディット

テキストエディットがリッチテキスト形式になってたら、保存拡張子がrtfになってしまうので、[テキストエディット]→[環境設定]の新規書類タブで「標準テキスト」を選択しておくこと。

テキストエディット環境設定

※もしリッチテキスト形式になってたら、一度テキストエディットを終了してから再度起動しないと変わらなかった

そのテキストに以下のシェルスクリプトをペースト。


#隠しファイル表示
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

#隠しファイル非表示
#defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

killall Finder

「#」というのは、コマンドを無視する効果があって、上のコマンドの場合は#隠しファイル非表示の下に書いたコマンドが無効になる。

つまり、隠しファイルを表示のコマンドとkillall Finderってコマンドだけが実行される。

逆に、隠しファイルを表示している状態から隠しファイルを見えなくする時は、


#隠しファイル表示
#defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

#隠しファイル非表示
defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

killall Finder

と書き換えてやる。

テキストエディタをcommandファイルとして保存する

上のコマンドのどちらかをテキストエディットアプリに書き込んだら、保存する。

保存先は好きな場所。僕は今めちゃくちゃ切り替えるので、デスクトップに保存している。

ファイル名は好きな名前でいいけど、必ず最後に「.command」と付ける。

コマンド(バッチ)ファイル保存

これで保存できたらダブルクリックするだけで隠しファイルの可視・不可視が切り替わる。

こんな感じで出ればオッケー。エラーが出てたらどこかおかしいところがあるので見直してみてほしい。

不可視ファイル設定 command

「#」の書き換えをしたい時は、commandファイルを右クリックして[このアプリケーションで開く]からテキストエディットを開くと編集できる。

ターミナルを使うものならなんでも使えるのでよく使うコマンドを登録しておくと良い

この方法は、隠しファイルをいじるだけじゃなくて、ターミナルを使うものならなんでも登録できるので、よく使うコマンドを登録しておくとよいです。

僕は最近コマンドを書き換えるのも面倒になってきたので、隠しファイル表示のコマンドファイルと非表示のコマンドファイルを2つに分けた。

その場合は


#隠しファイル表示
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

killall Finder


#隠しファイル非表示
defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles

killall Finder

でできるようになる。ファイルは2つになるけど、結構ラク。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事