フィリピンのセブ島に行ってきます。決まった予定はないけど18日間もいます

海の中

とうとうこの日がやってきました。

リュックがねえ、タオルもねぇ、海水浴する水着もねぇ、と吉幾三の住む村ばりに何もなかったので、最低限のものを揃えるにもそれなりにお金がかかりましたが、よく頑張りました。

バックアップが不十分の中、出発

しかし、準備の計画性がなさすぎて反省しました。最終日の夜になってMacのバックアップを取ろうとするも、一向に終わらないので、ほとんどバックアップできないという絶望感の中、出発です。

時間の関係で、行きは悪名高いマニラの「ニノイ・アキノ国際空港」を乗り継ぎ、「マクタン・セブ国際空港」に到着します。

マニラの空港はホントに厳しいらしく、調べたら行きたくなくなるのでなにも調べていません。ちなみに英語も話せないので、とても楽しい旅になりそうです。

フィリピンは何百の島があるらしく、中にはジンベイザメと泳げる島や、無人島なんかもあるようで、楽しみです。

2日目にはブロガーのアスカさんの記事を見て行きたくなった「マラパスクア島」に行く予定です。テンション上がります。

【参考】[フィリピン] セブ観光もいいけどマラパスクア島は8日間滞在しても良かったな~と思うほど楽園だった : め~んずスタジオ

SPONSORED LINK

結構問題だらけで心配

しかし問題があります。旅行中は大体1人という点。

貴重なお盆休みを使って、両親ではなく、ぼくに会いに来てくれる変わったすげーノリのいい友人がいてくれるのが唯一の救いで、あとは誰も来てくれません。

「来てくれません」ってのも自己中でアレですが、行こうぜって言ってた友達はお金なくて来ないらしいし、それなら友達の妹や!ってことで誘うもお金がないらしい。

2人とも札束で作ったうちわ仰ぎながら「金ない」って言ってました。それバラせや。

そんな人徳のないぼくですが、さらに困ったことが。

日本人がたくさん住んでるシェアハウスで2週間の宿泊ができたので、ずーっと前から予約してたんですが、急に閉鎖することになったのです。すでに変更不可の航空券とか取ってたので割高なホテルを取るはめに。

メール1通での謝罪でちょっぴりイラっとしつつも、ホテルは予約できたのでよかったです。

しかし、ぼくは今回、彼女が留学してるからフィリピンに行くってのが大きな目的だったのに、シェアハウスの宿泊期間に合わせたおかげで、彼女がオーストラリアに飛び立ったあともセブにいるという不思議な構図になるのが「どうなんだろう?」という感じです。

そこに畳み掛けるようにしてドル円が125円に迫る勢い。フィリピンの通貨であるフィリピンペソにもこの円安は多少影響しそうで怖いですね。

そんなことを書いてたら寂しくなってきました。やっぱり誰か来て。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事