Flickrを駆使して想い出を死守するための写真管理方法

Flickrの使い方キャッチ

ここんとこ、Flickrの写真管理を見直してるんですが、こうグッと来るものがなかったわけです。

参考:IFTTTとEye-Fiを駆使してiPhoneとデジタルカメラの写真をFlickrに全統合するのに成功した
参考:IFTTTの写真自動アップロード機能が微妙だったのでPicportに乗り換えた

写真は絶対に漏れなく死守したいぼくにとって、結構深刻な悩みなわけですよ。

で、ここに来てFlickrが進化してくれてるおかげで、うまくいきそうな方法が見つかりました。

その方法は撮影した写真すべてをMacの”写真”アプリに写真を入れるだけ。

Flickr Uploadrの登場

なんでそんな方法に行き着いたかというと、突如現れたFlickr Uploadrの存在が大きいです。

これは簡単に説明するとパソコンのフォルダを監視しといて、そこに写真が入ったのを認識すると自動的にFlickrにプライベートでアップロードしてくれるという超絶便利アプリ。

Macの場合「’Photos’ Library」ってやつを追加しとけば、iPhoneとかデジカメの写真をYosemiteで登場した”写真”アプリに取り込むだけでFlickrに自動アップロードされるのです。

Flickr Uploadr Settings

大体iPhoneの電池がなくなってきたらMacのUSBで充電するので、そのときに取り込んでやればOKってわけ。

SPONSORED LINK

重複写真も自動で排除してくれるから安心

何も考えずにUploadrを使ったら、間違えて既にFlickrにある写真をまたアップロードしちゃって管理できなくならない?

って疑問があって、移行に踏ん切りがつかなかったんですが、結論からいうと「問題なし」です。

ぼくはEye-Fiの旧バージョンを使ってて、ミラーレス一眼(NEX-5N)で撮影した写真は、自動的にFlickrにアップロードしてくれる機能があります。

Flickr アルバム

それなら写真アプリに取り込む必要はないんですが、Macにも念の為データをバックアップしときたいので、いずれ”写真”アプリで取り込むわけです。

EyeFiとUploadrの重複アップロードが怖かったんですが、実験してみたところ、同じ写真はアップロードしない仕様になってました。

重複は弾く Uploadr

After de-duplication, all have already been uploaded to Flickr. All set!

(Google翻訳)
重複排除した後、すべては既にFlickrにアップロードされています。すべてのセット!

もうすでにアップロードされてるよ!ってことですね。これで安心して移行できます。

※Exif情報など、写真のメタタグから重複チェックしてると思われます(写真加工してFlickrにアップロードしてる場合はチェックを抜けてアップロードされる可能性大です。)

Flickrの写真管理方法まとめ

ということで、ぼくの現在の写真管理方法の最適解は、

  • Flickr Uploadrを使って、”写真”アプリを監視
  • 撮影したあらゆる写真はそのままMacの”写真”アプリで取り込み

以上になります。

最強に簡単でしょ?

最近FlickrはCamera Rollに力を入れているようで、今まであって当然だろーと思ってた機能が当然のように実装されてるところをみると、「本気やん。」と感じます。

そろそろFlickrを使ってない人も十分検討対象に入るくらいの使いやすさにはなってきたと思うので、無料会員になって使ってみたらいいと思います。

なんといっても無料で1TB使えるわけですからね。

Flickr 公式サイト

Apple製品同士のシームレスなやりとりにこだわらないならiCloudフォトライブラリより数倍お得です。

「一番の不満はアップロードはできてもダウンロードができない」ってとこだったんですが、Camera Rollからなら写真を一括ダウンロードできるという素晴らしい仕様が追加されたので、無敵感満載。

ただし、今のところSET(Album)でまとめた写真はダウンロードができないようなので、そんな人はPic togo for Flickrを使いましょう。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事