セブ島と日本の違い5つ。風邪引いたり英語全然しゃべれないけどなんとかなってます

Malapascua hawk

念願のフィリピンはセブ島にやってきて6日目ですが、当然のように日本と違うところが多くて風邪ひきました。

どこが違うかと言われたら、だいたい全部違うんですが、パッと思いつく限りの日本との違いを以下に挙げてみました。

  • エアコンの設定温度ひくすぎ
  • 排気ガスめっちゃすごい
  • みんな日本語しゃべらない
  • ベーコンめっちゃカリカリ
  • 外食費はそんな安くない
SPONSORED LINK

セブと日本の違い

エアコンの設定温度ひくすぎ

日焼けと長時間の移動疲れに加えて、ホテルのエアコン設定温度が低すぎる中で寝てしまったので、4日目には発熱とせきを引き起こしてしまいました。

エアコンの設定温度は変えられますが、その日は部屋についた瞬間に寝てしまったのでこんなことになりました。しかもそのホテルに掛け布団がないという地獄的展開だったので、発熱という結果はもはや運命だったんだろうと思います。

一体エアコンの温度設定は何℃になってるのか見てみたら、19℃でした。よく死ななかったと思います。

というわけで、結構有名な「Watsons」という薬局で、フィリピンで有名な風邪薬(強いらしい)を買ってきて飲んでますが、なかなか治りません。

BIOFLU
レジの人に相談してBIOFLU(ビオフル)という風邪薬を処方してもらいました。

排気ガスめっちゃすごい

セブの道路

困るのが排気ガス。発展途上国にはありがちな問題ですが、すんげー排気ガス臭いです。その割にみんなマスクしてないので驚きます。

ものすごい交通量があるので、なかなかこれは解決しないんだろうなぁと思います。

走ってる車も旧型っぽいのが多いので、日本みたいに「エコ」とか言える時代が来そうな気配は全くありません。

みんな日本語喋れない

当然の話ですが、これがなかなか新鮮です。

ぼくは英語が話せないですが、それでもなんとか通じることは以前の海外旅行の経験からわかってるので、あんまり心配してませんでした。

実際に現地で数日過ごしてますが、そんなに心配いらないです。SIMも購入出来ましたし、1人で昼食も食べられました。

「英語が話せない」という理由で海外旅行に行かないのはもったいないです。なんとかなります。

ベーコンめっちゃカリカリ

フィリピンのベーコン

もうフィリピンのベーコンはめっちゃカリカリなんですよ。

しかもウマイ。ウマイといっても脂のカタマリみたいな感じなので、女性とかはあんまり好きじゃないかもしれません。

なかなか日本でこんなカリカリ感は味わえないので、何気にフィリピン料理の1つとしてノミネートしてもいいんじゃないかなぁと思います。

フィリピンの肉料理のレベルは他のものに比べて高いと感じるので、肉が好きな人は一度遊びに来るといいかもしれません。

外食費はそんなに安くない

セブに来て驚いたのが移動費の安さです。

セブ島のITパークあたりからマクタン島のマクタン・セブ国際空港までは40分くらいの距離なんですが、タクシーに乗れば220ペソ(600円くらい)で行けます。

600円と言ったら日本では初乗り料金なので驚異的な安さなんですが、観光客が気軽に行ける店の外食費はそんなに安くないという印象です。

屋台や道端にあるお店であれば、500円もあればお腹いっぱいになるんですが、食あたりとか食中毒になったら全然意味ないので(風邪ひいてますが)、ちゃんとしたお店で食べてます。

そのお店の食事が安全なのか、美味しいのかが外から見た雰囲気だけだとわかりにくいというのも選択しづらい理由の1つです。

そういうわけで、どうしてもメニューがしっかりしてるアヤラモールとかITパークのお店に入っちゃうんですが、そういった場所に出店してるお店の値段は日本とあまり違いません。

ちょうど今、スターバックスの抹茶クリームフラペチーノのTallを飲んでますが、日本では470円でITパークのスタバだと約430円(160ペソ)です。

贅沢してるつもりはないんですが、意外に食費がかかります。

SPONSORED LINK

みんな親切でダマしてくることもない

セブの人たちは分からないことを質問してもチップを要求してきたりしません。以前エジプトに行ったときはショットガン持った警察官でさえチップを要求してきたので、ちびりそうになりました。少しちびったかもしれません。

しかし、セブの警察官はじめ、周りの人たちは全くチップを要求してきません。質問してめっちゃ丁寧に対応されるので、「もしかしたら最後に金とるんじゃねえのか?」と疑心暗鬼になることが多いんですが、一切ありません。いい国。

また、ぼくが渡航前にめっちゃ心配してた、盗難やタクシーなどの値段釣り上げに関しても、そんなに心配しなくても、今のところ大丈夫です。

ホテルに荷物を置いて外出しても取られてることもないですし、ロックできる金庫みたいなものが1泊3000円ほどのリーズナブルなホテルでも部屋に置いてあるので、結構安心できます。

しかし、ダマしてくる人もいるだろうし、盗難も日本より多いと思うので、油断しないように気をつけたいと思います。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事