Apple Watchでスクリーンショットを撮影してからMacに転送するまでが快適すぎて感動

ブログを書く時に気になるのは、スクリーンショットの取り方。Apple Watchでも大変簡単にスクリーンショットが撮影できる。

スクリーンショットを撮影して、はじめて確認した時、なんかスゴイ感動してしまった。

身の回りをApple製品で固めとけば、写真を扱うストレスが0になるのが確定した。

Apple Watchでスクリーンショットを撮影する方法

Apple Watchのスクリーンショットはデジタルクラウンとボリュームボタンの2つを同時に押す。

Apple Watch スクリーンショットの撮影方法

おなじみのシャッター音がするので、そのままiPhoneの「写真」アプリを開く。

すると、なんも意識しなくても写真が取り込まれている。

Apple Watchのスクリーンショット表示

iPhoneとの一体感を感じて、とっても感動してしまった。

SPONSORED LINK

ブログを書くときはApple WatchからMacまで快適転送

Mac、iPhone、Apple WatchのApple製品に囲まれていれば、iPhoneに取り込んだ写真をAirDropでMacにサクッと送れてしまう。まるで川の流れのよう。

スクリーンショット Macに転送

前はブログを書く時にかなり面倒だった、写真をパソコン(Mac)に転送する作業がほとんどいらなくなった。

Androidを使ってみてから、「Apple製品を使いたいんじゃなくて、使わないとやってらんないんじゃないか」って思うようになったけど、そう思う理由の1つがこの連携。

やみつきになるわー。

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事