10年後にも食い続けるための働き方。シリコンバレーから学ぶ、これから身につけるべきスキルとは?

自動運転車やAIなどの登場で、たくさんの仕事が失われると言われてますね。

10年後になくなる仕事なんかのニュースを見て絶望を感じている人もいるかもしれません。

そんなことを考えてたら、ちょうど「日本はアメリカの10年遅れている」って話を聞いたので「10年早いアメリカの働き方見たらいいやん」と思いまして、『10年後の仕事のカタチ10のヒント シリコンバレーと、アジア新興国から考える、僕達の仕事のゆくえ』をガン見しました。

これ、2014年の本なんですが、今でも頷ける内容でしたよ!

アメリカはフリーランサーとノマドの集まり

最近は死語になりつつある「ノマド」ですが、アメリカではフリーランスと並んで今でも生息し続けているそうです。

アメリカの会社は、社員が一丸となって働く!というよりかはフリーランサーやノマドが集まって組織になってるような感覚だそうで、電源とWi-Fiが完備されているカフェは連日満席とのこと。

雇用契約に関しても日本じゃ考えられないものになっていて、Appleでは、雇用契約を結ぶときの契約書に「理由があってもなくても即クビにできる」と書かれているそうです。

いつクビにされてもおかしくない契約を最初に結ぶので、社員もビクビクしていると思いきや、年間15%くらいは社員自ら「これ俺のやりたいことじゃないし」って感じで辞めるそう。

めちゃくちゃラフですね。

SPONSORED LINK

そもそも雇用形態が日本と違う

日本は簡単に社員をクビにできないのが法律で決まってますが、アメリカは規制がほとんどないのです。

だから企業の判断で、ある程度自由にクビにできちゃう。

日本は生産性がものすごく悪いとニュースになっていましたが、こういう部分も影響あるんだろうなぁ・・・

必要なところに必要な人材を置くスタイル

本書には、AppleやGoogle、Facebookなどの最先端IT企業が集まるシリコンバレーの働き方について書かれていたのですが、そういったところは、オフラインの仕事よりも頻繁に常に新しくサービスが生まれ、消えていきます。

サービスを終了する部署にいる人たちはクビにして、新しく立ち上げる部署に必要な人材を集めるケースも多いとのこと。

日本の場合は確実に部署異動になりますが、アメリカの場合は「もう辞めるからバイバイ」という感じだそうです。

仕事ができないからクビってだけでもないのが面白いですね。

だからこそ、スキルを身に付けることが大切になってきます。

これから食えるスキルよりも「何で食いたいか」を決められる時代

「スキルを身に付ける」というと、食えるスキルを探そうと思いがちなんですが、これからの10年ってこれまでにないくらい世界が変わると言われてます。

なので、今食えるスキルだとしても、10年後にはまったく食えないかもしれない。

今は英語が使えると強いと言われてますが、10年後にはリアルほんやくコンニャクが登場してるはずですし(英語勉強しない言い訳)、そうなると英語が使える人の市場価値も低くなります。

だからこそ、自分はどんなことをやりたいのかを徹底的に深掘りして、自分のやりたいことをやるために必要なスキルを身につけるのが良いのです。

まずは小さな商売を自分で始める

自分がどんなことをやりたいのか深掘りするのにベストな方法は「小さな商売を始めること」。

まずやってみることで自分がどんなことに情熱を持てるのか、得意なのかを明確にできます。

合気道の先生だって、どうやって道場生を集めるかとか、どこに宣伝出すかとか、どの場所を安く借りられるかとか、悩むことはいっぱいあります。

例えば兄弟で入会したら兄弟割引作るのか、とかね。

そういう些細なことだってすべて自分で決めなくちゃならないんです。

「自分で決める、自分でリスクを背負う」っていうのは、会社で言われてことをやるのとは全く違うんです。

そういう経験が、アップルでマネージャーになった時にすごく活きたんですよ。

「なんだ、アップルのマネージャーも道場主もあんまり変わらないな」っていう感じがありましたね。

だからまず「やってみる」。だから副業は叱られないように、あるいは叱られても適当にシカトしつつやる、と。

起業って言うとグリーとかアップルみたいな会社を作らなくちゃいけないんじゃないか、っていう暗黙の…、なんていうかな…、成功者がすごく目立つんで、ああいう風に成功しないと意味がないと思っちゃって、普通の人は結構萎縮してるかな?って思うんです。

でもそうじゃなくて、もっともっとマイクロなことで、体験を積んでみるのがオススメです。

最初は10万円20万円を稼ぐのも四苦八苦しますが、体験を積んでわかってくると、段々と収入を増やせるようになるそうですよ!レッツトライ!

SPONSORED LINK

この記事を読んだ人にオススメの記事