年間12万円ダウン!自動車保険を見直して安くするオススメの方法

車の維持費で負担がキツイなぁと思っていたのが「自動車保険」

日産のキューブを買って5年間、父親に言われるままに営業担当の人がついてくれる保険を契約してました。

いわゆる「代理店型」ってやつです。

「毎月」14000円くらいの支払いで、「自動車保険ってめっちゃ高いやん!」と思ってたわけです。

会社の先輩と自動車保険の話になったので、保険料のことを話してると「キューブでその保険料は高すぎる!」と言われました。ショック!

その時初めて保険料が高すぎるのだと知ったんですよ。

これは勉強せねば保険料で人生を消耗してしまうと感じたぼく。

いろいろと調べていくと、めっちゃ損してたんですよ。金額にして50万円くらいじゃないかなぁ…。

多分、車は絶対必要だけど、そこまで興味ないって人はぼくと同じ状況になってるんじゃないかと思うので、一回見直した方がいいです。ホントに。

SPONSORED LINK

そもそも保険って何ってところから勉強した

そもそも自動車保険の仕組みすら知らなかったので、そこから勉強しました。

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。

自動車保険の種類

今回見直したのは、「任意保険」の方。

自賠責保険は別名「強制加入保険」と言われてて、加入してなかったら法律違反になります。これはみんなほぼ同じ金額を車検のときに支払ってます。

自賠責保険は差が生まれないのでいいんですが、問題は「任意保険」の方。加入は自由なんですが、加入しとかないと責任が取れないレベルになります。

人身事故とかの事故を起こしたら、何億円とかかる場合があるんですが、自賠責保険だけだと支払ません。

差額は自分で返さないといけないというわけ。お金を返す人生とか絶対イヤじゃないですか?ということで加入はほぼ絶対にしといた方がいいのです。

任意保険の中にも「代理店型」と「通販型」がある

これまたややこしいことに、任意保険の中にも「代理店型」と「通販型」の2種類があります。

代理店型ってのは、営業の人が車の専属になってくれるもの。ぼくは「あいおいニッセイ損害保険」ていうところに加入してました。

通販型ってのは、ダイレクト型とも言われます。CMで「ソニー損保」とか「アクサダイレクト」って聞いたことある人もいるかと思います。それです。

ネットで申し込んで終わり〜ってやつです。契約とかも自分でする必要があるので、ちょっぴり勉強が必要なんですが、補償内容が同じでもとっても安くなります。

昔は問い合わせたら窓口の人がテキトーだったとか言われてましたが、最近では保険を販売しなきゃいけないので、かなりサービスが良くなっているそうです。

試しにぼくが相談で電話してみたら、ものすごく丁寧だったので、最近はそういう問題もなくなったと感じました。

値段は安いし質は高いという素敵な状況になっております。

年間12万円も安くなった理由

通販型の素晴らしく素晴らしい点は、「ネットで一番安い保険会社を見つけられる」ところ。支払いもクレジットカードでできますからね。

というわけで一括見積もりを試してみたところ、今回の記事を書くくらいの衝撃だったわけです。結果は以下。

代理店型:14,000円×12ヶ月=168,000円
通販型 :4,000円×12ヶ月=48,000円

差:120,000円

毎年iPhone買えちゃうー!

SPONSORED LINK

これには理由がありまして、今のぼくに必要ないオプション(特約という)がこんもり付いておりました。ムキー!

今の自分に必要だなぁと思う保険に見直したらこうなったわけです。

通販型は安いだけじゃなくて、自分で勉強するから「どんな保険が合ってるか」もわかるようになるわけです。

人によって安い保険会社が違う理由

一括見積もりやってみるとわかるんですが、任意保険を売ってる会社ってめちゃくちゃ多いんですよ。10社以上あります。

何が違うかと言われると細かいところでいろいろ違うんですが、分かりやすいのは保険料の計算方法

例えば、SBI損保は1年間にどれだけ走っても保険料が一定なんですが、他のところは走行距離に応じて保険料が上がります。

この例で言うと「1年間でめちゃくちゃ車を使う」という人にはSBI損保がいいわけです。

ソニー損保は「事故時の対応品質が高い」ことを売りにしています。事故で車が動かなくなったときの宿泊代金とか代車を借りる代金を支払ってくれるロードサービスがいいです。

このように、「車の利用状況に合わせて保険料の算出方法が変わる」ので、人によって安い保険会社が違うってわけ。

だから一括見積もりすげー便利です。

キズがめちゃくちゃ付いてるのに車両保険っている?

他にも保険料が決まるもので大きなものとしては「車両保険」を付けるか付けないか。

自動車保険の種類 車両保険プラス

車が事故ってキズついたときに、車の価値に応じてお金を支払ってくれる保険です。

自分で電柱にぶつかっても保険がおります。

が、もう5年も車に乗ってきて、細かいキズも付いてるし、そもそもそんなに車の価値ないよね。ってことで外しました。前の保険はめっちゃ保障が付いてました。

これで劇的に保険料が安くなったわけです。

ぼくみたいに車が古くなってくるとか、家族ができたり、子供が車に乗ったりと、環境が変わりやすい人は更新前に見積もりがオススメです。

何年も保険内容を変えてないと、多くお金を払いすぎていたりもするわけです。もったいない!

ってことで、自分の今の環境に合わせた保険にしとくといいんですね。もちろん、補償をよくすると値段も上がります。これは当然。

どこの一括見積りサービスか迷ったら「保険スクエアbang!」がオススメ

一括見積もりは保険スクエアbang!ってところがオススメ。

いろいろ一括見積もりサービスをやってるところがありますが、分かりやすいしスマートフォンにも対応してるので便利です。

他の見積もりサイトだと、見積もりするとメールマガジンがめちゃくちゃくるんですけど、ここはあんまり来ないってのもいいですね。

手元に車検証と免許証があれば、初めてでも10分で終わります。

17社の中から自分にあった3〜4社がピックアップされるので、そこから安いところを選んで契約するって流れです。

保険料はもちろんかかりますが、見積もりは何回しても無料なので、自分は十分安いと思ってる人も試してみた方がいいですよ〜!

一括見積もりを試す→保険スクエアbang!

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です