Xperia Z Ultraを読書に使った場合の電池持ちを検証してみた

Xperia Z Ultra 画面の明るさ

1日は余裕でイケた。

Xperia Z Ultraを電子書籍を読むためのタブレット的な用途で購入したけど、iPhoneでネットするより見やすいからネットもXperiaが多くなってしまった。

しかし、Apple製品の連携はやっぱりすごくて、Safari同士で今見てるサイトを開けるってのが地味に便利。写真にしてもAirDropで瞬間移動できる便利さを知ってしまったら、Xperiaをメイン機として使うにはちょっと辛いかなーという印象。

けど、「読書する」って用途だったらすごくいい。で、気になってた電池持ちなんだけど、「めっちゃ持つなーってほどでもないけど一瞬でなくなるなーってこともない」。

SPONSORED LINK

普通に電池は持つ

環境としてはウィジェット削除、不要アプリ削除の後にEvernoteとか欲しいアプリをインストール。SIMは入れてない。

それした後に、バッテリーを0%近くまで使って放電→充電を1回した。買った直後の電池は1回活性化させるといいらしいので。

「購入直後のバッテリーは、電池の中の物質が眠った状態です。もちろん、そのままお使いいただいてもかまいませんが、一度使い切って再充電すると、物質が活性化して本来の性能を発揮します。車で言えば慣らし運転をしてください。」

そこが知りたい家電の新技術三洋電機「eneloop mobile booster」~スマホ時代を先取りしたモバイル電源“モバブー”はなぜ生まれたか-家電Watch

満充電でKindle読書しつつ、Twitter、Facebook、Chromeでネットサーフィン。まぁ大体Kindleで読書。

で、残り40%切った時に[設定] > [電源管理] > [電池使用量]でアプリごとにバッテリーをどれだけ使ってるか見られるので見てみた。

Xperia Z Ultra バッテリー
SPONSORED LINK

ディスプレイがバッテリー占領状態!

Kindleがスクロールしないと出てこないレベル。。大半はディスプレイのバックライト。

バックライトは周囲の明るさに合わせて変わる[明るさの自動調整]機能がONになってる状態で使ってました。

上の画像では21時まで持つ感じになってますが、その後結構TwitterとかFacebookを使ったので、お昼の3時頃には10%を切る状態に。

単純に計算すると、朝5時から翌15時までなので、34時間持つって計算になります。その中でどれくらい触ったかは正確には覚えてないけど、ヒマがあったらずーっと使ってたので、悪くない数字かなぁという印象。

バックライトでのバッテリー消費を抑えるために設定変更しました

Xperia Z Ultraは、iPhone 6に比べて暗くしてもかなり明るく感じるので、この際バックライトを暗めにして、自動調整もOFFにすることにした。

やったのは、[設定] > [画面設定]を開いて

Xperia Z Ultra 設定 [明るさの自動調節]をOFFにして、[明るさのレベル]を15%くらいに変更しただけ。正直これで十分明るい。

Xperia Z Ultra 画面設定

これでしばらく試してみようと思う。

しかし、動作は結構キビキビしてるしいい感じ。Kindleを立ち上げて文章が表示されるまで3、4秒かかるのがちょっとアレだけど、表示されてからは快適なので気に入ってます。

関連記事:
iPadを売ってXperia Z Ultraでお風呂Kindleを楽しみたくなってきた

Xperia Z Ultraゲット!開封からAndroid 5.0 Lollipopへのバージョンアップ方法まで

AndroidでメルマガとかのEPUBファイルを読むなら『天下一読』ってアプリが最高

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です