『miwa concert tour 2015 “ONENESS” in 金沢本多の森ホール』のLIVEレポというか双眼鏡でガン見した感想

miwa concert tour 2015

「僕も知り合いになれるかも」って気にさせる身近系アーティスト1位のmiwaのLIVE『miwa concert tour 2015 “ONENESS”』に行ってきた。

結論から言うとミュージシャンを目指すことに決めました。

いやー、よかったです。とりあえずレポート。

SPONSORED LINK

「アーティスト」を意識した衣装

今回は何度かMCで本人も言ってたように「メッセージ性」を重視した曲が多い、アルバム(ONENESS)のツアーということで、音楽を聴かせたいって想いが強いからか、衣装がいつもと違う「ビシッ」とキメた感じだった。

遠かったから双眼鏡でガン見したところによると、革パンと革ジャン。白黒のシマウマカラー。

miwaは結構MCが多くて、2、3曲に1回MCをするので、曲の解説を聞けるんだけど、これが結構面白かった。

あんまり歌詞を見ないタイプの僕は、その解説を聞いてなるほどなぁと思うことが多かった。

声も通ってて聞き取りやすいので、歌詞に意識して観る、個人的に珍しいライブになった。歌詞を意識して生で聴いた「fighting-Φ-girls」は新鮮に聞こえてシビれたわー。

でも、メッセージをメインに考えると「ヒカリヘ」が沢山の人に聴かれるべくして聴かれた曲だというのが際立つ。

表面上は「愛」を題材にした曲なんだけど、そのもっと内面の「心」を書いた曲だと思っていて、こういう内面をイメージして書かれた曲が、どのアーティストの曲を聴いても名曲になることが多いと感じる。

Mr.Childrenの「innocent world」なんかもそう。その人が今なにを考えてて、何を大切にしてるのかがボヤーッと見えてくる、そういう曲が好き。ブログの詳細プロフィールが好きなのと一緒。

ってことで、メッセージ性を強めるために、miwaの友達を題材にした曲じゃなくて、miwa本人の曲がもっと聴きたいなー。

SPONSORED LINK

初期声も聴いてみたい

喉を痛めないようにか分からんけど、Delightツアーあたりから発声法がミックス寄り(裏声混ぜ)になって、リトルガール、friendあたりの初期曲が違う感じに聞こえたので、初めの頃の地声よりの声での曲も聴いてみたいなーってのも思った。

当時より歌唱力は上がってるけど、がむしゃら感がなくなったので、聴いてみたい!

でも今の声もかわいい。ヤバい。

ってマジメなことを考えてると思わせつつ双眼鏡でガン見

ってマジメっぽく書いたけど、本音を言えば前回のDelightツアーみたいなノースリーブ衣装を3列目くらいからガン見したかったです。

でも今回は結構遠かったから300円で双眼鏡を借りてガン見しました。ただただガン見。もう人生で一番長く双眼鏡を覗いた日なのは間違いない。

双眼鏡ごしに3回目が合いました。

あと、アンコールMCで「情熱大陸の編集に悪意を感じた」あたりの話の再現してるとこは可愛すぎて抱きしめにステージまで走りそうになりました。

またいきたい。次は誰かと一緒に行きたい。

セットリスト

セットリストはネットに上がってるやつとかを組み合わせて思い出して書きました。

1.ONENESS
2.Faith
〜MC〜
3.キットカナウ
4.It’s you!
〜MC〜
5.恋の予感
6.Faraway
7.フィロソフィー
〜MC〜
8.月食 ~winter moon~
9.friend ~君が笑えば~
〜MC〜
10.fighting -φ- girls
11.空の彼方
〜MC〜
12.super heroine
13.chAngE
14.ストレスフリー
15.ミラクル
16.ヒカリヘ
〜MC〜
17.希望の環(WA)

EN1.360°
EN2.リトルガール
EN3.君に出会えたから

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です