MacのTwitterアプリを『Tweetbot』にしたら捗りまくる

Tweetbot Mac

MacのTwitterクライアントを無料の夜フクロウから「Tweetbot」に変えた。

アプリだと高額の部類に入ってくるので、発売当初から二の足を踏んでたけど、友人が使ってるのを見てとうとう買ってしまった。

使ってる内に便利さがわかってきて、「あー、もっと早く買っとけばよかった」って思うようになった。

そう思うに至った、最高に便利な機能2つを今日は紹介します。

SPONSORED LINK

リストの横並び表示

TweetbotのMac版といえばこの機能!ってくらいの機能なんだけど、正直舐めてた。

使ってみるとその利便性がメチャクチャ分かる。

僕は最近Twitterをリストメインで見てるんだけど、夜フクロウだと切替えがめんどくさい。

ところがTweetbotだと横並びで表示できるのです。

Tweetbot メインウインドウ

1度設定しとけば、次回の起動時にも同じように表示されるので、最初の1回だけ設定しとけばずーっと使えてすごい楽。

ただ、新しくツイートされると自動的に最新ツイートを表示する「ストリーミング」っていう機能がタイムラインでしか対応してないのがちょっと残念。

今はデザインもMac OS X Yosemiteのフラットデザインに合ってないけど、大幅にリニューアルがあるそうなので、このへんも対応してくれないかなーとちょっと期待してます。

SPONSORED LINK

検索メモがiPhoneと同期される

以前からiPhoneではTweetbotを使っていたので、とっても使いやすいのは知ってたけど、Mac版を使い始めてさらに便利さを感じるようになった。

その理由が、検索メモがiPhoneと同期されるから。

僕は結構検索メモを多用するんだけど、iPhoneでメモしたもの、Macでメモしたものが同期できるのが便利。

Tweetbot 検索画面

エゴサーチがとっても捗る。

お金を理由にして我慢するのは損

この利便性を感じてから改めて思うのは、「アプリが高いとかを理由にして買う、買わないを決めるのはあまり得策ではない」ということ。

それ以上にエゴサーチがしやすくなったり、情報収集のスピードが上がったりするともっと稼げる人間になるかもしれないわけだし、1日バイトでもすれば手に入るくらいの金額だったら惜しんだらいけないなーと感じるようになりました。

それにしてもタイミング遅すぎたなー。気づいたらみんなTwitterからFacebookメインに変わってない?そうでもない?そうですか。

Tweetbot for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥2,400

iPhoneとの連携が最強です。

Tweetbot 3 for Twitter (iPhone & iPod touch)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥600
SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です