iPhoneをフィルム&ケースで使おうか迷ってる人に伝えたい1つのこと

ケースを付けないiPhoneがかっこいい・・・
今までケース付けてたけど今回は裸で使ってみようか・・・

と考えているあなたに向けて伝えたいことを書きました。

ぼくとiPhoneとの出会いはiPhone 4から。ケースとフィルムが揃うまでは絶対に外に持ち運ばないほど神経質でした。

そんなぼくも周りの人に影響されて、iPhone 6でケースとフィルムをつけない裸族デビューしました。

経験者から1つ。

SPONSORED LINK

保護フィルムとケースは使ったほうがいい

保護フィルムとケースは使ったほうがいいです。

ケースを付けずに使うのは確かにカッコイイいいですし、Appleのロゴも美しい。ジェットブラックに至っては傷つきやすい反面、ケースをつけると美しさが失われます。

しかし、それでも液晶保護フィルムとケースをおすすめするのはデザイン以上の理由があります。

実用的な面で液晶保護フィルムとケースがないと厳しくなるのです。

 

いずれ指紋がつきやすくなる

iPhoneは新型に買い換えると売却しているんですが、売るときにフィルムを外すと液晶がスベスベなんですよね。

「裸で使うと毎日こんな感じで使えるのか」とワクワクしていました。しかし、3ヶ月、4ヶ月と使っているうちに、液晶フィルムと同じように滑りが悪くなって指紋がつきやすくなってしまいました。

さらに、コーティングが取れると傷がつきやすくなるんですよね。

iPhoneのガラス硬いって聞いてたのに・・・。フィルムなら傷がついたり滑りが悪くなっても張り替えられます。しかも、ガラスフィルムだと安くてもずっとスベスベが続くので、最近はその問題もクリアできています。

こういう利用上の問題を考えても、ガラスの液晶保護フィルムを使うのがオススメですね。毎日使うアイテムは少しの使いにくさでもどんどんストレスになります。

「車のフロントガラスをスベスベにするガラコ使ったら復活するかも!」と思ってガラコをiPhoneに塗りたくってみたのですが、やっぱり1、2ヶ月すると滑りが最悪になります。

合わせて読みたい

車のガラスコーティング剤「ガラコ」をiPhone 6の液晶に塗りたくってみた

 

iPhoneを売って買い換えるならケースは必須

iPhoneは他のスマートフォンに比べると段違いにリセールバリュー(買取価格)が高いです。

しかし、ケースを買うのを惜しんだ結果、キズがついてしまってケース代よりも買い取り価格が減額されてしまう可能性の方が高いのです。ケースなしの状態ではホコリもたまるし、傷も付きやすい。

iPhone 7には耐水性があると言っても、水もダイレクトにかかりますし・・・。

あなたがiPhoneを売って買い換える方じゃないのであれば別ですが、新しいiPhoneを買う時は下取りに出す僕にとって、ケースは結構重要なのです。なぜなら、「キズを残さず高く買い取ってもらう」かが重要だから。

ただでさえ買取価格が他のスマートフォンに比べて高いiPhoneは、スゴイキレイな状態で売ればそれはもう、とっても高く売れるのです。

今まで落としてキズつけたことないし大丈夫だろう。とたかをくくっていたら、普通に落としてキズが付いてしまいました。

iPhone 6 キズ

一度キズを付けてしまったら、愛着も少し薄れてしまい、いつもよりも多く落としてしまうこともわかりました。

液晶画面が割れる確率も高くなるので、割った後に後悔する可能性も大です。修理する場合はApple Careに入っていても7800円を支払う必要があります。

ケースを付けようかどうしようか迷ってこの記事を見る方だったら、おそらくiPhone愛が人よりも強いはず。傷や割れもデザインだと言ってしまえばそれまでですが、ぼくは綺麗な方が美しいと感じます。

ちなみにこのiPhone 6の買取価格は10000円以上減額されました。液晶だけじゃなくて、全体的にキズを付けてしまったのが痛いです。

 

売却を考えている人はケースとフィルムを付けて大切に使おう

どうしてもケースを付けたくない人はフィルムだけでも貼ることをオススメします。

使い続けていると、液晶の滑りが悪くなるし、キズも付きやすくなって操作性や見やすさが悪化してしまいます。

何かあっても即買い換えられる人や、売却せずにキズも気にしない人を除いて、ケースとフィルムは用意して大切に使うのが最善策ですね。

iPhone 6に関しては半年くらい裸族だったので、結局最後までケースとフィルムは買いませんでした。iPhoneを買ってすぐ揃えないと買う気になりませんよねー。

 

デザインを損なわずにiPhoneを守る方法

とは言っても、ケースや保護フィルムを付けないiPhoneってめっちゃカッコイイですよね。そんなニーズを読み取ってか、デザインを損なわないアクセサリも充実しています。

これが今使ってるiPhone 6s Plus。ケースも液晶ガラスフィルムも装着済み。

全面ガラスフィルムとケースを付けたiPhone 6s Plus
パッと見フィルム付けてるかわからない

iPhone 6の発売当初は画面をすべて覆う「フルラウンドタイプ」のフィルムがありませんでした。

iPhone 6はジョブズが関わってないiPhoneということで「デザインだせー!」なんて声も多く聞きました。

しかし、そういう人に限って液晶画面より小さい保護フィルムをしていて、そっちの方が数倍ダサく感じたのです。それも裸族になる理由になりました。

今なら画面をすべて覆う「フルラウンドタイプ」のフィルムが発売されています。これはデザイン性を損なわずに済みます。

液晶ガラスフィルムはLakkoのやつが安くて全面を覆えるのでオススメです。

ガラスフィルムは割れやすいので、高いものを使い続けるよりも、安いものを交換した方がコストパフォーマンスもいいです。

ケースはパワーサポートのエアージャケットセット(クリア)1択。

Appleのリンゴロゴをそのまま活かせるので、デザインと耐久性アップのバランスが素晴らしいのです。カッコイイしキズもかなり防げます。

パワーサポートの商品は品質の高さから、偽物まで出回っているほど。

iPhone4から7まで、いろんなケースを使いましたが、最終的にパワーサポートに戻ってきたぼくも品質を保証します。

サイズ感はバッチリだし、フルラウンドタイプではありませんが、フィルムも付属してきます。新しくiPhoneを購入される方は是非。品質の良さに驚きますよ。

クリアジャケットのレビューも記事にしたので、参考にしてみてください。

  • キズをつけたくない
  • 高くiPhoneを売って新しいiPhoneの足しにしたい
  • カメラの出っ張りを抑えたい
  • ホコリやキズ、水での故障は避けたい
  • いつまでも愛を持ってiPhoneを触りたい。iだけに
  • 今のデザインをできるだけそのまま楽しみたい
  • 使いやすさを損ないたくない

この中の1つでも当てはまるなら、ケースとフィルムは必須ですね。

新しいiPhoneからはケースなしにしよっかな、と思ってる方に向けて書いたこの記事。

自分が実験台になって1年間過ごしてきました。それでも裸で使いたいと思えるなら、それが正解です。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です