iPhoneのあまり知られてないカスタマイズ!通知センターからKindleの本を開くのがめっちゃ便利

通知センター

あんまり活用してない人が多い気がしますが、通知センターがかなり使えます。

通知センターとは、iPhoneの画面上を指で下にフリックした時に出るやつですね。

「通知」が見られるというのもなかなかいいんですが、それよりも「今日」のタブがイカすんですよ。

対応アプリをここに表示できるので、気になる情報をまとめられます。

カスタマイズの仕方によってはなかなか使えます。

SPONSORED LINK

通知センターを見るだけで今の状況がわかる

「対応してるアプリだけ」って制限はあるんですが、カレンダー、TODOアプリ、天気、ニュースなどなど、基本的に知っておきたい情報のアプリは対応してます。

通知センター_編集画面
今の通知センターはこんな感じ

前はEvernoteを通知センターに置いとくと、新規ノートが作れるのが便利だったんで使ってました。

しかし、iPhone 6s Plusにしてから3D Touchに対応したのでそっち使った方が楽なので降格。

「ニュースもここで見れんじゃん!すげー」と思ってSmartNewsとかYahoo!ニュースも入れてましたが、アプリで見た方が良かったので消しました。

SPONSORED LINK

そう言うと、なんかやっぱり使えねーじゃんって思うじゃないですか?

否。この通知センターにキラーコンテンツがあるんですよ。

Kindleの本を開くのがスッゲー便利

そう、Kindleです。

Kindleアプリって開くと前読んでた本のページが開くんですよね。これは便利な反面、いろんな本をちょっとずつ読むスタイルのぼくは微妙に感じることもあるんです。

違う本を読むときはライブラリに戻って、読みたい本をタップして開いたら読む操作が必要になります。

紙の本に比べたらそりゃめちゃくちゃ便利なんですが、人間とは怖いもので、そのスピード感にも不満を持ってしまうのです。

しかし、がしかし!

通知センターにKindleを設定すると以下のように、読んでた3冊の本が表示されます。

通知センターでKindleを登録すると便利

これがものすごく究極に便利。

読みたい本をタップするだけでサクッと起動できるんですよ。起動してすぐは直近に読んでた本が表示されるんですが、すぐにタップした本に移動して読み始められます。

iPhone 6からiPhone 6s Plusに買い換えたのもKindleを快適に読むためだったので、これは嬉しい機能です。

あんまり知ってる人いない気がしますが、Kindleをよく読む人は是非設定するといいです。便利です。

SPONSORED LINK