gulp-sassのインストールが何回やっても失敗するときの対処法

gulp top

失敗しすぎてWeb界から追放されたかと思いました。

タスク自動化ツールのgulpはテストで動かしてから使ってなかったんだけど、調べる内に相当便利だという事が分かった。

というワケで再度チャレンジして、bootstrap-sassを使ってブログのテーマをガッツリ作りながら勉強する予定だった。

node.js、npm、gulpの導入も終わり、gulp-sassのインストールが完了したら開発着手だったのに、何故かgulp-sassのインストールが失敗する。

たぶん3時間は無駄にしてしまったので、不幸になる人が増えないように、対処方法を全力でシェアする。

SPONSORED LINK

Can not download file from…とエラーが出る

sassを扱えるプラグイン、「gulp-sass」をインストールするために使ったコマンドは以下。

npm install --save-dev gulp-sass

これを行うと、一見インストールされたように見えるし、node_modulesフォルダの中にgulp-sassフォルダが作られるので問題ないように思っていた。

けど、何度gulpを実行してもエラーが出るので確認したら、インストールに失敗していた。

エラーメッセージとしては、

Can not download file from https://raw.githubusercontent.com/sass/node-sass-binaries/v2.0.1/darwin-x64-node-0.11/binding.node

SPONSORED LINK

と表示されていた。ダウンロード出来ませんでしたってこと。

gulp-sass インストール

でもなんでダウンロードできないのかわからなかったので何度かインストールを試したけど、全部同じ結果。

原因はnode.jsのバージョンだった。v0.12.1にアップデートがオススメ

長期戦の末、node.jsをアンインストールして、1から試してみることにした。

node.jsをパッケージからインストールしてたので、node.js、npmの削除やHomebrew、nodebrewの環境構築などでも時間がかかってしまった。

ぜひともnode.jsはnodebrewで管理することをオススメします。

で、インストールが終わり、node.jsのインストールを行った。

バージョンは現時点で最新の安定版、v0.12.1。

$ nodebrew install-binary stable

で最新の安定版がインストールされる。

ちなみにアンインストールは

$ nodebrew uninstall version(例:v0.11.11)

で行える。

gulp-sassはv0.11.xのものは用意してないのが原因のよう。

最新のnode.jsをインストール後、

npm install --save-dev gulp-sass

で無事インストールが完了し、gulpを起動することが出来た。

Watchを使うととっても快適で、こりゃ流行るわって思った。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です