サイトのフッターにGoogle+のリンクを貼っても意味ないですよ

SEO オーサーシップ

ブログのフッターのコピーライト部分にGoogle+のリンクを貼っても意味なかったと、ついさっき判明しました。

参考:Google、著者情報プログラムを完全廃止 | 海外SEO情報ブログ

↓こんなやつですね。

Google 検索結果での著者情報の写真とフォロワー数の表示を中止

Google、検索結果での著者情報の写真とフォロワー数の表示を中止 | 海外SEO情報ブログよりお借りしました。)

本ブログも取り外しました。

ちなみに、Googleのこの試みを「オーサーシップ」というらしいです。

SPONSORED LINK

特にクリック率は変わらなかった

海外SEOブログによると、

  • クリック率がたいして変わらなかった
  • ユーザーに支持されなかった
  • 普及が進まなかった

とのこと。

確かに写真は写真でも、しらんオッサンの写真だったらあんまりクリックしませんもんね。

(でもカワイイ女の人の写真だったらクリックしちゃうなぁ。)

特に消さなくても影響なし!

特に削除してもしなくても変わらないみたいなので、特に気にならない人はそのままでもいいそうです。

逆に、URLにはrel=”authorship”ってのが付いてるんですが、その構造化データを利用するところもあるかもしれないとのこと。

ただ、Google今後、この構造化データは完全に使用しないとのことなので、SEOに効く望みは薄そう。

SEO効果を出すためにはリンクはキーワードを含める必要がある

代わりにぼくはブログ名にリンクを付けて表示させることにしました。

その理由はSEO効果を出すため。

すごい犯しやすいリンクの貼り方として、「こちら」だけにリンクをはっちゃうことがあります。

これはGoogleから見ると、”こちら”に関するページだと判断されてしまうのです。

よくブログなどで【詳細はこちら】というリンクを見ますが、このリンク方法はSEO対策上NGです。
リンク文章は、リンク先のページにどのような内容が書かれているのかを検索エンジンに伝える働きがあります。なので、【詳細はこちら】という文章でリンクしてしまうと、検索エンジンは【詳細はこちらについて書かれたページ】と判断します。

参考:SEO対策・内部リンクでSEO効果を高める5つのポイント!

なので、自分のブログブランド名を判断されやすくするためにも、以下のようにリンクをはってみました。

SPONSORED LINK
ほーくブログのフッター

はやくこういうことを心配しなくてもいい世の中になると良いですね。

オーサーシップとかリンクの貼り方とか、純粋に「ブログやってみたいな」って思って始めた人があんまり得しない罠がたくさんあるなぁという印象です。

「真剣な人が得をする」(かもしれない)ってことではあるので、仕方ないなぁと思う所もありますが。

Googleが進化してくればコンテンツの解析も人間と変わらないレベルでできるようになると思うので、早くこういった「知らなきゃ損する」みたいなことがなくなればいいなぁ。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です