「Apple Watchを買うくらいなら目的特化型デバイスを買ったほうがいい」は本当?

Apple Watchとadidas fit smart

Apple Watch Sportを付けてジムへ行ったので、一番試してみたかったランニングを早速試してみました。

普段は今年の初めに買った、ランニング特化ウェアラブルデバイスの「adidas miCoach fit smart(マイコーチ フィットスマート)」を使ってます。

参考:プランに合わせてトレーニング!ランニングに超特化したウェアラブルデバイス『adidas miCoach(マイコーチ) fit smart』レビュー

このデバイスはランニングで一番重要な心拍数をリアルタイム計測してくれるし、走行距離1km毎に振動で伝えてくれるので、意識せずに理想の心拍数で走りたい距離を走れる、よく出来たもの。

fit smartを買おうか悩んでた時点では「Apple Watchでは目的に特化したデバイスには勝てないだろう」と思ってたんだけど、実際にApple Watchでランニングをやってみると「どうもアプリの対応で完全に対応できそうだぞ…」って意見に変わった。

miCoachアプリがApple Watchに対応したらfit smartは不要になりそう。

SPONSORED LINK

Apple Watchは目的特化型デバイスにもなりうる

ウェアラブルデバイスを使ってる人の目的には大きくわけると3種類あります。

  • 目的特化型デバイスとして使いたい
  • 睡眠を含めた1日の生活ログを取りたい
  • LINEとかiPhoneで受ける通知を腕で見たい

この中で、Apple Watchが今んところバッチシ叶えられるのが「LINEとかiPhoneで受ける通知を腕で見たい」。

これだけだったらiPhoneで事足りるし、あんまり興味なかったんだけど、ジムで使ってみて「目的特化型デバイスとして使いたい」ってのもあてはまってくるとわかりました。

そうなると一気に「使える」デバイスに化けるのです。

だって、iPhoneの通知を受け取れて、アプリの更新でできることも増えて、その上アプリさえ入れれば特化型のデバイスとしても使えるって最強じゃありません?

ちなみに、Jawboneみたいな「睡眠を含めた1日の生活ログを取りたい」ってのは、今のApple Watchでは実現が難しいです。良くても3日に1回は充電が必要なため。

ただしAppleのAPI開放具合による

Apple Watch 心拍センサー

ただ、今から目的特化型デバイスとして使いまくれるかというと、結構厳しい

なんでかというと、AppleがXcode(アプリ開発のアプリ)で使えるプログラム(API)を制限しているから。

SPONSORED LINK

たとえば、「心拍数はセンサーから直接読み取りできない」「バックグラウンド処理はサポートされていない」みたいな制限があるので、僕が使ってるfit smartと同じ機能がApple Watchで実現できるかというとかなり難しい。

参考:WatchKit – Apple Watch / Watch Kitで現時点できないことまとめ – Qiita

なので、iPhoneでできることが徐々に増えてったのとおんなじで、Apple WatchでもAPIが開放されるまでは、「すごいいいところがイメージしずらい」時計に感じるってわけ。

それまではAppleが独り占めできるって状況かなー。

ちなみに、ランニングには純正の「ワークアウト」アプリを使ってランニングしてみたけど、心拍数や走行距離、消費カロリーがちゃんと見れて全く問題を感じなかったです。

Apple Watch ワークアウト

UIはNIKEとかの方がいいものを作れるので、この状況がもっと変われば、相当使い勝手のいい時計になりますね。

生活ログも計測できる電池持ちになれば天下取れる

あと、電池持ちに関しては前にも書いたけど、そこまで気にすることはないです。

参考:Apple Watchの電池持ちはリア充以外気にしなくていいことが判明

気にしなくてもいいんだけど、今んとこApple Watchを買ってる人なんて結構特殊で「携帯はスマホならなんでもいい」みたいなごくふつうの人は見向きもしてないでしょう。

もともとそういうタイプの製品なんだけど、Appleの構想的に「医療で新しいエコシステムを作る」ってのもかなり視野に入れてるだろうから、今は対象になってない「睡眠を含めた1日の生活ログを取りたい」って層をいかに早く対象にするか(電池持ちを改善するか)ってのが課題になるでしょう。

この3つ全部を押さえちゃえば、ごくふつうの人がウェアラブルデバイスに興味がわいてきた時にはApple Watchを選ばない理由があんまりなくなってるので、天下取れそう。

てことでやっぱり電池に関してはなんかうまいことしてくるんじゃないかなーと予想してます。というかしてほしい。

どうやってこの課題をクリアするのか見てみたい!

Apple Watch VS 目的特化型デバイスまとめ

まとめると、Appleは目的特化型ウェアラブルデバイスになりうる。待てる人は待って、待てない人は違うの買っちゃおうってことになります。

今はまだサードパーティの開発者だけじゃなくてAppleもいろいろ調整してるところだろうし、成功・失敗を含めて、どうなるか分かるのはもうしばらく時間がかかるんじゃないかなー。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です